初めての駐車違反。減点なし。反則金の支払いだけで済みました(裏技?)

某郵便局を出たら、車のフロントガラスに貼ってありました。

 

 

私の他にも5台ほど停まっていたのですが、もぬけの殻。

たったの2分で15,000円の痛い出費となりました。

 

 

初めての黄色いステッカーに軽く気が動転し、郵便局の人に聞きました。

 

  • 「これを貼られたのですが、この近くは取り締まりが多いのですか?」
  • 「多いですよー大変ですねー」
  • 「・・・」
  • 「緑のおじさんがうろうろしていますので気を付けてください!」

 

緑のおじさん?なにそれ…

脱力。

神奈川県警察/駐車監視員活動ガイドライン

 

放置違反金(反則金)と違反点数

 

普通車のみ簡単に表にしてみました。

バイクの反則金はもう少し安く、中型・大型はもっと高いです。

 

違反点数車の反則金
駐停車禁止場所等3点18000円
駐車禁止場所等2点15000円
時間制限駐車区間に時間超過等をして駐車した場合1点10000円

 

出頭しないと反則金だけで済む

 

「速やかに移動してください」とは書かれていますが、「出頭してください」とは書かれてありません。納付書が届いたら銀行などで支払いをすれば手続きは完了します。

この知識だけはありましたので、出頭はせず帰宅しました。

 

そのまま出頭するとどうなるのか

 

反則金だけではなく、もれなく切符が切られる=違反点数が加算されます。

ゴールド免許であれば次回はブルー免許に格下げとなります(ブルー免許はブルーのまま)。それに伴い、任意保険が高くなります。

 

しかし放置違反金納付書が届かない

 

1か月経っても、3か月経っても送られてきませんでした。

いくらなんでも遅い。

 

これでは車検が受けられない

 

放置違反金の支払いをしないと、車検を受けることはできません。

 

引っ越したので納付書が届かない

 

ネットで調べたところ、どうやら「転居のため納付書が届かない」状況のようでした。

引っ越しの際に住民票は移しましたが、車検証は当時の住所のまま。何度か転居していたこともあり郵便局に転送届は出していませんでした。

 

出頭するしかない

 

違反点数を覚悟で行ってきました。

 

「この黄色いステッカーを貼られたのですが、納付書が送られてきません。車検を控えていますので早めに納付したいのですがどうすれば良いでしょうか」

 

 

警察の方が調べたところ、思った通り納付書が宙ぶらりんの状態となっていました。

 

3週間程度で納付書が到着

 

銀行で反則金(罰金)を支払い、手続き完了。

無事に車検も済ませ一件落着。

 

納付先

  • 銀行(郵便局可)
  • Pay-easy(ペイジー)
  • コンビニエンスストア

違反点数は引かれたのか?

 

結論から言うと、減点されませんでした。

反則金を支払うだけで済みました。

現状では次回の更新時もゴールド免許のままです。

 

 

ここから先はヒントのみを記載します。

 

  • 放置違反金は車両の使用者に課されるもの
  • 反則金は運転者に課されるもの

 

2006年に道路交通法が改正されるまでは、誰が運転していたのか分からない場合は罰則することはできませんでした。しかし改正後は、運転者が分からない場合は「車の所有者が反則金を支払う」ことになりました。

つまり、どうしても出頭する必要がある場合は、運転者として出頭するのではなく、車両の使用者として出頭すれば違反点数が課されることはありません。

 

車両の使用制限

 

車両の使用者として出頭すれば違反点数が課されることはないとしても、「いつでも罰金を支払えば済む」ということではありません。「駐車違反をしても出頭しない」を繰りかえすと、車両の使用を制限される場合があります。

 

過去6か月以内に、使用制限の前歴の回数~に応じて表1の納付命令の回数を受けていると、~の期間の範囲内で車両の使用が制限されます。放置駐車違反に対する責任追及の流れ 警視庁

 

後書き

 

長いこと運転してきましたが、それまで違反といえば初心者マークの頃に「右折禁止を右折してパトカーに呼び止められた(全く気が付かなかった)」だけでした。駐車違反のステッカーを貼られた時は本当にびっくりしましたしショックでした。

「少しなら良いだろう」の精神ではいけませんね。今後は気を付けます。