デスクトップPC Windows8.1のリカバリ【パソコン初期化方法】

デスクトップパソコンNEC VALUESTAR PC-VL750NSWを買いました。レビュー

下準備

バックアップ

リカバリの選択項目にもよりますが、全て消えることを想定して全てバックアップを取ります。GoogleDriveOneDriveの無料のクラウドを利用すると便利。

周辺機器を外す

再インストールが終了するまでは「ディスプレイ・キーボード・マウス」のみにします。プリンター・スピーカーなどは外します。

時間がかかる

リカバリは6時間半かかりました。リカバリが済んでもセキュリティソフトを入れるなど各設定を行う必要があり、結構な時間を要することになりますので1日空いている日に行うと良いです。尚、リカバリを途中で止めるとパソコンは使用できなくなりますので注意したいです。

 

初期化の主な方法3点

1.リカバリーディスクを使用する

NECなどのメーカー製PCに有効です。事前に再セットアップ用のメディアを作成し、指示通りにリカバリを行います。

 

2.DtoDリカバリ(Disk to Disk)

今回はこの方法でリカバリを行いました。

再セットアップ用のデータは、昔のようにCDやDVDではなく、ハードディスクの内部に収録されています。それを利用してリカバリすることを「DtoDリカバリ」といいます。よって、ハードディスクに不具合がある場合は「DtoDリカバリ」はできませんのでリカバリーディスクが必要になります。

DtoDリカバリの方法は機種により異なります。

NEC
NECロゴ画面が表示されたらF11キーもしくはF4キーを連打

Toshiba
起動時に0キーもしくはF12キーを連打

SONY
VAIOロゴ画面が表示されたらF10キーを連打

富士通
FUJITSUのロゴ画面が表示されたらF12キーを連打

Acer
Acerロゴ表示時にAlt+F10キーを連打

レノボ
起動ボタンを押したらF11キーを連打

 

3.WindowsインストールCDを使用する

現在では主に自作パソコンに適用されます。こちらのサイトが参考になるかと。

  1. 電源を入れる
  2. F2キーもしくはF12キーを押す
  3. BIOS設定画面でブートドライブを指定(CD/DVDドライブもしくはUSBドライブ)
  4. Windows再インストール
  5. 必要な場合はドライバのインストール

 

DtoDリカバリしました

NECのマークが表示されたら、すぐにF11キーもしくはF4キーを連打します。

タイミングが合わない場合は通常の画面が表示されます。その場合は再度電源を切って入れ直します

次の画面で「Windowsの再セットアップ」→「購入時の状態に戻す」を選択するとリカバリが始まります。

暇なのでレノボのノートパソコンで作業。

やっと終わった。ここまで約6時間半かかりました。懐かしい画面が出てきました。

「おすすめ設定・セキュリティ対策」はウィルスバスターなど不要であればチェックを外して次の画面へ。

PCに名前をつけます。表示の通り「home-PC」など無難な名前が良いかと。

設定画面では「簡単設定」を選択して次へ行っても良いのですが、あえて「自分で設定する」を選択。

特に、この「Microsoftやその他のサービスと情報を共有する」の項目は全てオフが良いかと(後からでも設定可能)。

Microsoftアカウントでサインインを行います(アカウントがない場合は新規作成)。

あともう少し。

最後の処理!

 

リカバリ完了

スタート画面が出てきました。

プリインストールソフトいっぱい。

けばけばしい画面が出てきてリカバリ完了!

 

 

SkyDrive…

どこかで設定を誤ったのか、SkyDriveが出てきてしまいました。

要はOneDriveのことなのですが、使い勝手が異なります。このSkyDriveを削除しようとしたら、なぜかコントロールパネルのアンインストールの項目にはなく、また、マイクロソフト コミュニティにはこのように書かれてありました。

こちらのページ」に記載があるのですが、Windows 8.1 では SkyDrive が Windows の機能としてシステムに組み込まれているため、残念ながら削除をすることはできません
ただ、ピン留めを解除することでスタート画面に表示させないようにすることはできるので、よければこの方法を使われてはいかがでしょう。

ピン留め?

直せなかったので、PCの掃除をしたついでに「Windows10にアップデート」しました。

 

初期化した後にやった方が良いこと

  1. Windows Update
  2. セキュリティソフトをインストール
  3. ソフトウェアのアップデート
  4. 不要なプリインストールを削除
  5. 必要なソフトをインストール、メール設定など








パソコン
わたしらしく