PhotoScape3.7とPhotoScape Xの違いとインストール方法



画像編集ソフトは有料の「サイバーリンク PhotoDirector」なども持っているのですが、結局今も「PhotoScape 3.7」で編集しています。

PhotoScape 3.7

対応OSは「Windows XP・7・Vista・または8」となっていますが、Windows10でも使えます。

インストール方法

公式サイトからアクセスすると安全です。「無料ダウンロード」の「FREE Download」をクリック。

「FREE Download」をクリック。

インストローラー「PhotoScapeSetup_V3.7.exe」をダブルクリック。

インストールをクリック。

Google ドライブのインストールをすすめてきますがお好みで。私はインストールしませんでした。

「完了」をクリックしてインストール完了!

問題のある不要なインストローラーに注意

当サイトでは「ウイルスセキュリティZERO」を使っているのですが、インストールサイトによっては「Unwanted-Program (004b92301)」と表示されるインストールできない場合があります。

これは「潜在的に迷惑なアプリケーション (Potentially Unwanted Application, PUA)」とのことで「安全ではないソフト」ということになります。なので、公式サイトからダウンロードした方が無難です。

正しいソフトのサイズは20MBになります。著作権は「2005-2015 Mooii」
偽ソフト名は「photoscape-3-7-multi-win」。サイズは若干多く20.3MB。著作権は2005-2014と書かれてありました。

基本的な使い方

画像をカットしたり、明るさ・色の調整・傾き調整・文字入れなど基本的な操作を行うことができます。

ベクター08-0530

PhotoScape X

PhotoScape X は PhotoScape の Windows 10 版。Microsoft store アプリになります。
Windows 10・11・Mac 対応。

インストール方法

インストールはこちらから

使い方

基本的な操作方法は PhotoScape 3.7 と同じです。

PhotoScape 3.7・X・PROの違い

「RAW画像を編集したい」「WEBPで出力したい」人は PhotoScape X がおすすめです。

PhotoScape X Proとは

HDR機能・フィルター・コラージュなどが可能になります。
注意点としては、アカウントと紐づけされること。それと、OSのバージョンアップで使えなくなる時もあるようです(一時的かもしれないけど)

PhotoScape X Pro
$39.99(2023年1月現在)

(20-0910) s00000021054001

後書き

PhotoScape X は最初は4Kディスプレイに対応しておらず、すっごい文字が小さかったんですよね。それで使うのを止めたという経緯があります。
もし Windows 11 で PhotoScape 3.7 が使えなくなったら PhotoScape X を使おうと思っています。
Proは私には要らないかな。

ちなみに「GIMP」も4Kディスプレイだと文字が小さくてやりにくいし、「サイバーリンク PhotoDirector」は難しかったです。

CyberLink写真編集ソフトPhotoDirectorを買ったけど使っていない理由

有名な Photoshop や Lightroom は高いので試してもいません。
あとは「Photoshop Elements(更新不要)」の口コミが好評なので気になっています。

14-0306 s00000013799001