phpMyAdminの開き方と構造の基礎(MySQL)



ここではエックスサーバーで開く方法を書いていますが、他社サーバーでも方法は大体同じです。

phpMyAdminのユーザー名とパスワードを調べる方法

方法1. サーバーの管理画面から確認する

エックスサーバーの場合は「サーバーパネル→WordPress 簡単インストール」をクリック。

「インストール済み WordPress 一覧」の中に書かれてあります。

方法2. FTPでwp-config.phpから確認する

FTPソフト FileZilla のインストール&接続方法

画面を向かって右側がサーバーになります。
ドメイン→public_html→「wp-config.php」の順に開きます。

「wp-config.php」を右クリックしてダウンロードします。
(もしくはデスクトップにドラッグアンドドロップ)

ダウンロードされました。

メモ帳は使わずに、サクラエディタなどのテキストエディタで開きます。

ユーザー名(DB_USER)とパスワード(DB_PASSWORD)が表示されました。

phpMyAdminの開き方

サーバーの管理画面から「phpMyAdmin」をクリック。

先ほど調べたユーザー名とパスワードを入力してログイン。

左のサイドバーからログイン時のユーザー名をクリックすると、Wordpress のデータベースにアクセスすることができます。

データベースの主な構造

上部にある「エクスポート」タグでは WordPress のバックアップや「SQL に構文を入れて修正や削除」などを行うことができます。

WordPressのバックアップを取る方法

時々中身を見直す

下の段にある「テーブル」には記事の文章はもちろんのこと、WordPress テーマやプラグインを入れるたびに不要なデータが蓄積されていくので、時々見直すとサイトの高速化につながりますし、エラーの心配も少なくなります。

MySQLデータベースを整理してプラグインのゴミ残骸を一層【phpⅯyAdmin】