Cyberlink PowerDirectorの使い方【4K動画編集レビュー】

PowerDirector 17 Ultra のレビューになります。購入後3年が経ちますが普通に使えています。

Standard版は4K非対応

Windows版は2種類

Mac 版は1種類

Cyberlinkの動画編集ソフトは一体どれを買えば良いのか?
インストール方法

サンプルを削除

PowerDirector を起動するとサンプル画像が表示されます。
これを全て選択し「ライブラリから削除」をクリックで削除しても起動し直すとなぜかまた表示されます。
「ディスクから削除」は適用されません。

とても鬱陶しいので表示しないよう設定しました。「基本設定」のアイコンをクリックします。

プロジェクトの「PowerDirector 起動時にサンプルクリップを自動的に開く」のチェックを外し、下にある OK ボタンをクリックすると表示されなくなります。

また、この「基本設定」から様々な設定をすることができます。
あらかじめ出力先などを指定したり、確認メッセージのオフ設定も可能です。

編集の流れ

大まかにこのような流れになります。

  1. 赤枠に動画をドラッグ&ドロップで取り込む
  2. 動画を青枠のタイムラインにドラッグ
  3. 明るさやエフェクトなどの素材で編集
  4. 最後に1番上にある「出力」

カット/明るさ/削除

動画をタイムラインに追加し、編集したい動画をクリックすると項目が表示されます。
中でも「補正/強調」は必ず使っています。

「明るさ調整」は基本ですね。映像ノイズ除去も効果的。
古めの動画の場合は「エッジ強調」でくっきりさせることができます。
右下にある「すべてに適用」ボタンをクリックすると編集内容が全ての動画に適用されます。

音声BGMを付ける

YouTubeにアップロードすると著作権に引っかかることが多くありますので、音声はYouTube Studioの左側にある [オーディオ ライブラリ] をダウンロードして使うのが無難

緑色の▷マークをクリックすると BGM やサウンドクリップなどが表示されます。
好みの音楽をダウンロードして下のタイムラインに追加します。

このままだと動画の音声と重なってしまいますので、動画の音声は削除します。
削除したい動画を選択したら、右クリック→「動画と音声をリンク/リンク解除」をクリックします。

リンクを解除したら音声の部分を選択し、削除ボタン→いずれかを選択してクリックします。

エフェクト

「ぼかし」と「モザイク」は良く使っています。

モザイクをタイムラインに追加し、右クリック→エフェクトの編集→マスクでモザイクをかけたい範囲を選んで調整します。

ビデオオーバーレイ

動画に重ねることができます。これは使ったことがありませんが「カウントダウン」など面白いかも。

パーティクル

ビデオオーバーレイと似たようなものでしょうか。使ったことがない…

タイトル

文字を入れることができます。素材をタイムラインに追加したら、右クリック→タイトルの編集をクリックします。

書体やサイズ、影や背景なども付けることができます。
別途ダウンロードすることによりモリサワフォントも使うことができます

トラジション

動画の冒頭や節目に差し込んで使います。

音声ミキシング

音量の調整はもちろんのこと、「フェードイン」で冒頭の音を徐々に大きくしたり、「フェードアウト」で末尾の音を徐々に小さくできます。

ナレーション

作成した動画にナレーション音声をつけることができます。ゲーム実況などに良さそう。

360度動画に対応

Standardは非対応※


360度動画の編集 – PowerDirector 機能紹介ビデオ

画面録画ソフトが付いている

Standardは付帯なし※

基本的には「REC」ボタンを押せば録画されます。結構便利です。

出力

編集が完了したら上にある「出力」をクリックします。
4K 動画を出力したい場合はエンコード「H265 HEVC」を選択します。
フル HD も「H265 HEVC」で良いかと。「H265 AVC」より圧縮率が高くなります。

書き出しフォルダーを確認/選択したら「開始」ボタンをクリックします。

デメリット

重い!固まる!

CPU は Core i7-9700、メモリは 32GB 搭載のフロンティアPC でも時々固まります。
最後の方で固まると泣きながらタスクマネージャーから終了させています。

文字が小さい

どうにか使っていますが 4Kモニター では文字が小さい。基本設定に文字拡大の項目を足してほしい。

WQHDの出力は不可

動画の傾きを調整する機能は×

  1. 動画を右クリック
  2. 動画の編集
  3. パワーツール
  4. 切り抜き/ズームバンを開く

赤い線のところにマウスをおくと▲▼マークが表示され傾きを直すことができます。

実際に試してみたのですが、傾けて余った部分が黒く表示されてしまいました。
どうやら「ただ傾けるだけ」の模様。画像の傾き調整のように自然に仕上がると思ったのに…

分割(カット)→保存は不可

「この部分だけ出力したい」はできないです。

こんなんできました

YouTubeチャンネル

※ソニーハンディカムで撮影

30日間の無料体験!

また、添付のユーザーガイドもフルカラーで分かりやすいです(ダウンロード版には付いていません)

これから買うなら最新版 PowerDirector 20
1年更新のサブスクリプション版は PowerDirector 365

Cyberlinkの動画編集ソフトは一体どれを買えば良いのか?
インストール方法