エックスサーバーでバックアップファイルから復旧する方法

他のサーバーでも作業方法はだいたい同じです

簡単に記載しておきます

全くバックアップを取っていない場合は「サーバーの自動バックアップ機能」をご利用ください。

 

MySQLの確認

「wp-config.php」を開きます。

「DB_NAME」「DB_USER」「DB_PASSWORD」を確認しておきます。

 

MySQLの設定

該当データベースのMySQLを空の状態にしてから作業します。

エックスサーバー→サーバーパネル→MySQL設定→MySQL追加の欄に「DB_NAME」を入力して確認画面へ進みます。

MySQLユーザの追加を行います。「DB_USER」「DB_PASSWORD」を入力して確認画面へ進み、MySQL一覧から「アクセス権未所有ユーザを追加」から選択するとデータベースの箱が作成されます。

次にデータベースの中身を追加します。

phpMyAdminの「インポート」から、バックアップした「SQLファイル (.sql)」をアップロードして実行をクリック。

これでMySQLの復旧は完了です。通常はこれでOKですが、サーバー移転などの場合はWordPressのインストールと中身を上書きする必要があります。

 

 

WordPressをインストール

「WordPress簡単インストール」をクリック。

「WordPressインストール」を開き、必要事項を入力したら「作成済みのデータベースを利用する」を選択し、「データベース名」「データベースユーザー名」をプルダウンから選択し、「データベース用パスワード」を入力したら確認画面へ進みインストールを行います。

 

WordPressのWebデータを上書き

FTPでテーマや画像などが入ったWordPressフォルダを丸ごと上書きします。

【FTPソフト】FileZillaのインストール&接続方法

 

当サイトで利用している「エックスサーバー」には自動バックアップ機能があり、サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持しています。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額720円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。






サイト運営
わたしらしく