バックアップファイルからWordPressを復旧する方法



今回はエックスサーバーから設定を行いますが、他社サーバーでも手順は大体同じです。

xserver202208

MySQLの確認

FTPなどで「wp-config.php」ファイルを開きます。

ドメイン/public_html/wp-config.php

【FTP】FileZillaのインストール&接続方法

次の3つを確認しておきます。

  • DB_NAME
  • DB_USER
  • DB_PASSWORD

MySQLの設定

まずは、該当の MySQL を空の状態にします。

MySQL 追加の欄に「DB_NAME」を入力して確認画面へ進みます。

次に、MySQL ユーザの追加を行います。

「DB_USER」「DB_PASSWORD」を入力して確認画面へ進み、
MySQL 一覧から「アクセス権未所有ユーザを追加」から選択するとデータベースの箱が作成されます。

次に、phpMyAdmin からデータベースの中身を追加します。

phpMyAdminの開き方と構造の基礎(MySQL)

「インポート」からバックアップした「SQLファイル (.sql)」をアップロードして実行をクリック。

これで MySQL の復旧は完了です。

WordPressをインストール

サーバー移転などの場合は WordPress をインストールをして中身を上書きする必要があります。

「WordPress簡単インストール」をクリック。

必要事項を入力したら「作成済みのデータベースを利用する」を選択し、
「データベース名」「データベースユーザー名」をプルダウンから選択し、
「データベース用パスワード」を入力したら確認画面へ進みインストールを行います。

WordPressのWebデータを上書き

FTP でテーマや画像などが入ったフォルダを丸ごと上書きします。