リビジョンをプラグインOptimizeで停止【WordPressの高速化】



記事を編集する毎に「リビジョン」としてデータベースに保存されていきます。
リビジョンは、以前の編集文を復活させるにはもってこいの機能なのですが、蓄積されるとページ表示が重くなる場合がありますので、プラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」を使ってリビジョンを一掃&PHPで停止しました。

バックアップを取ってから削除します

インストール

ダッシュボード→プラグイン→新規追加→「Optimize Database after Deleting Revisions」で検索→今すぐインストールをクリック。

「有効化」ボタンをクリックします。

設定

ダッシュボード→プラグイン→Optimize Database after Deleting Revisions→「Setting(設定)」をクリック。

削除したいリビジョンを指定します。古いリビジョンを残したい場合は「Delete revisions older than」の欄に数値を入力、今後リビジョンを残したい場合は「Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page」項目に数値を入力します。

また、不要なデータも削除することができます。orphansは文末のアレです。上手く説明できませんでしたので…にしました。

当サイトでは「PHPでリビジョン停止」にしましたので設定しませんでしたが(後述)、リビジョンを活用したい場合は「Scheduler(スケジュール)」で削除する期間の設定を行うと便利です。

  • NOT SCHEDULED:手動
  • run optimization HOURLY:1時間毎
  • run optimization TWICE A DAY:1日に2回
  • run optimization DAYLY:毎日
  • run optimization WEEKLY:毎週
  • run optimization MONTHLY:毎月

内容を確認したら「Save Settings」をクリックして内容を保存し、「Go to Optimizer」で実行します。

「Optimize(Summary)※概要」もしくは「Optimize(detail)※詳細」をクリックします。

ちなみに、更に下の項目には、「EXCLUDE DATABASE TABLES FROM OPTIMIZATION:CHECKED TABLES WON’T BE OPTIMIZED!(データベーステーブルを最適化から除外:チェックされたテーブルは最適化されません!)と書かれてあります。ここは無視で良いかと。

結果、3849件のリビジョンと、他いろいろ削除され「TOTAL SAVINGS SINCE THE FIRST RUN」は「-331584 KB」となりました。ほんの僅かですがスッキリ

リビジョンをwp-configで停止&保存数を制限する方法はこちらから