鍋でご飯を炊く方法。ユニフレームクッカーとエスビットポケットストーブで飯炊き

この日は人が少なく閑散としていました。

車の陰でこっそり飯炊き。

 

使ったもの

 

  • エスビットのポケットストーブ(スタンダード)
  • ユニフレームのライスクッカー
  • 20g(約20分燃焼)の固形燃料
  • アルミカップ

 

炊き方

 

お米はあらかじめ家で計量し、ビニール袋で小分けにして持っていくようにしています。

お米は早めに洗って、水に浸しておきます。

 

  • 男性は1食1合
  • 女性ならその半分0.5合くらい
  • 米1合=水1合(180cc)
  • 無洗米の場合は少し多めに
  • 内側に目盛りが書かれてあるクッカーの場合は目盛りの通りに
  • 30分~1時間くらい漬ける。

 

固形燃料はアルミカップの上に置くと後片付けが楽。

 

 

アルミカップは100均ので十分。

 

 

ポケットストーブにクッカーを乗せて、固形燃料に火を付けて放置。

特に火加減を見る必要はありません。ただ放置するだけ。

風がある日は風よけを使います。

 

 

暖かい時期だとちょうど固形燃料が尽きた頃(約20分)に炊き上がります。

冬は水温が低いので燃料を2個使った方が良いかも。

チリチリと小さく音がしたり、焦げの臭いがしたら出来上がり。

 

炊き上がったら蓋をしたまま5分蒸らします。

途中で蓋を開けると温度が下がります。できるだけ開けない方が良いです。

 

上手く炊けました

 

 

水っぽくもなく、芯もなく、ちょうど良かったです。

ご飯は鍋で炊いたのが一番美味しい。

上手く言えませんが、米がふわっふわで甘いんです。

 

野外でランチ

 

おかずはコンビニで調達。

少しガタガタでしたが、木のテーブルと椅子でいただきました。

 

 

アルミホイルをお皿の代わりにしました。

あるもので済ませます。

後片付けも簡単。

 

 

美味しかった♪

コンビニおかずでも外で食べると美味しいです。

 

災害時にも役立ちます

 

事前に準備をして、予行練習をしておくと安心。

 

エスビットにタブレット燃料が付いているのですが、煤が出るのでまだ使っていません。

 

ユニフレームのライスクッカーには目盛りが書かれてあるので、お水の計量は不要。

 

メスティンも魅力的なのですが、今のところはユニフレームのクッカーで間に合わせています。

 

お米を研ぐのが面倒な場合は無洗米が便利。

水の量は少し多めで。

 

鍋で飯炊き:ガスコンロ

 

  1. 初めは強火
  2. 沸騰したら弱火
  3. 13分くらい弱火で火を通す
  4. 強火にして余分な水分を飛ばす。チリチリという音がしてきます
  5. 火を止める
  6. 蓋をしたまま5分くらい蒸らして出来上がり

 

炭火、たき火で飯炊き

 

  1. 炭火の上に用意したクッカーを乗せる
  2. 沸騰したら炭を調整するなどして火の弱いところに置く
  3. 後は固形燃料やガスコンロでの作り方と同じです

 

後書き

 

鍋で炊いたご飯は格別の美味しさ。

「失敗は成功の元」とはいえど、キャンプ等で失敗するとやはり不自由。いきなり野外でチャレンジするのではなく、事前に自宅で炊いてみましょう。チャレンジしてみてください。

 

「しまなみ海道・伯方島にある道の駅でご飯を炊いてランチ」でした。

道の駅 伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた。伯方ビーチで無料で海水浴ができる