浜松市にある鍾乳洞「竜ヶ岩洞」に行ってきました

ここは元々は私有地。許可を得た洞窟探検家が1981年に発見しました。

 

外にもたくさんの岩が展示されています。

鍾乳洞の冷水を浸かった「足水」もありますがこの日は閉鎖していました。

 

大人1,000円、中学生600円、小学生500円。障碍者割引などもあります。

 

2億5千万年前の地層。

総延長は約1kmで、その内の400mを一般公開しています。

古代の人たちは鍾乳洞を住居、冷蔵庫、墓地などに使っていました。

 

洞内は年中18℃。入るなりヒンヤリ。

 

スポンサーリンク

 

黄金柱

 

股のぞき

 

仁王門

 

亀の小滝

亀の形をした岩から清水が流れます。

 

登竜門

 

こうもりの間

 

本当にこうもりがいて、かなりびっくり。

 

マリア観音

 

天恵の泉

 

長寿の泉

「生水につきがぶ飲みするは短命にして長寿ならず」

 

スポンサーリンク

 

黄金の大滝

ここが1番の見どころ。

 

上からまるで大雨のように滝が落ちてきます。これはすごかった。

 

地底の滝としては日本最大級で30mあります。

 

流れ石

 

石柱の宝

膜状鍾乳石。乳白色のつららが見事。

 

水神様

なんかアレに似たのが多い気が。

 

鳳凰の間

 

中国の伝説の鳥「鳳凰」が羽を広げているように見えます。

 

石花

 

鍾乳洞の説明

「鍾乳洞は1cm伸びるのに約100年かかると言われています」

貴重ですね。

 

畔石の説明

「床や壁をうすく流れる水が方解石の重なる層を作ります」

 

感想

これらの形状が自然にできたとは。どれもこれも素晴らしく、美しかったです。

鍾乳洞というものは一生モノではないようです。

地震や、鍾乳石の風化や、地表からの土砂なので最後には崩落するとのこと。

「自然にできたものは自然に帰る」とはいえ、何だか寂しい気がしました。

竜ヶ岩洞

➡楽天トラベル 竜ヶ岩洞 周辺の宿

タイトルとURLをコピーしました