和牛懐石 彩々亭でランチ。埼玉県行田市

和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田。

別名「足袋御殿」

 

 

昭和元年~10年。一代で財を築き上げた足袋屋の名士「荒井八郎氏」の旧邸宅を改装したお店です。

 

 

PDF足袋蔵マップ

 

 

美しい枯山水の砂紋。

 

 

お庭も立派。

 

 

雨が降っていたので中に入るのは止めました。

石畳で滑りそう。

 

それでは入店

 

 

玄関も素敵。

 

 

壁に額に入った足袋が飾ってありました。

 

 

建物は全部で3棟あります。

  • 事務所兼住宅
  • 大広間棟
  • 洋館

 

事務所兼住宅は2階建。

 

 

登録有形文化財に指定。

 

 

足袋が展示

 

きねや足袋「ランニング足袋 KINEYA MUTEKI」

 

 

欲しい!ですが予想通りの品切れ。公式-お詫び

無敵は税別5,000円。安い!

しかしヤフオクでは新品は倍以上の価格で取引されていました。いつものことですね。私は1年を過ぎたら買うことにします。

 

 

ちなみに新作Toe-Bi (トゥ-ビ)は税別10,000円

 

足袋の販売

 

 

株式会社 武蔵野ユニフォームの足袋が販売されていました。

 

 

 

 

この猫の足袋かわいい。

 

 

昭和21年。

昭和天皇は荒井八郎氏の足袋工場を見学した際、

こちらの邸宅にも訪れています。

 

 

ピカピカに磨かれた廊下。

 

 

こんな家に憧れますが、私が住んだらすぐに埃まみれになりそう…

 

 

大広間棟から洋館を結ぶ廊下も素敵。

 

 

大広間棟でランチ

 

木造の平屋になります。

 

 

お庭を眺めながらいただきました。

贅沢。

 

 

お部屋は10畳2室と4畳2室。

扉を取り払って広く使っています。

 

 

金庫も残っています。

 

 

平日の選べるランチ1,500円

 

 

国産ランプステーキ+お造里のセット

 

 

ランプステーキ

美味しかったです。

火の入れ具合がちょうど良く、肉の旨味を味わうことができました。

 

 

お造里

普通に美味しかった。

 

 

サラダ

もっと普通。

 

 

ランチの感想

 

男性だと量が少ないと思います。

隣のご主人がボソッと。

「食べた気がしない」

 

昔の旧宅と素晴らしいお庭を鑑賞しながら、軽くお食事を楽しむ場所です。女性同士(いわゆる女子会)なら十分に満足するかと思います。法事か何かの団体客が多かったです。

店名が「和牛懐石」というだけあって、どちらかというとお肉に力を入れています。肉メインのメニューを選択した方が良さそう。

 

平日でしたので予約はしませんでした

 

眺めの良いお席に案内していただけました(その代わり○○時まで~と制約がありました)。ですが、あまり景観の良くない席もあるようですので、ここぞという時は予約した方が良いと思います。048-553-4311

特に今は陸王ブームで混んでいるようです。事前の電話予約をお忘れなく。

 

ランチでもサービス料として10%が加算

 

会計時に当たり前のように「サービス料」と切り出され、かなりビックリ。

至って普通の接待でした。靴は自分で出し入れ。従業員もどことなく慌ただしい。景観とは逆にゆったり感がない。有り得ません。もしや拝観料の代わり?

1回行ってブログも書いたしもう良いです。

 

お持ち帰り可

 

こんなの美味しそう!

公式

のぼうステーキ重2,160円。要2日前予約。

他にも幾つかあるようです。

 

アクセスなど

 

  • 〒361-0032 埼玉県行田市佐間1丁目11−22
  • 地図
  • 水城公園の隣
  • 秩父鉄道行田市駅から徒歩15分
  • 駐車場無料
  • 048-553-4311
  • 平日11:00~15:00、17:00~22:00
  • 土・日・祝11:00~22:00
  • 定休日:年末年始、第2・第4水曜日
  • 食べログ