Search Consoleでサイトの所有権を確認する方法



Search Console の左上のプロパティ選択プルダウンを開き「プロパティを追加」をクリックします。

すると「ドメインプロパティ」と「URLプレフィックスプロパティ」の2種類の登録方法が表示されます。
(登録方法は他にもあります※後述)

ドメインプロパティ

DNS レコードを使ってドメインプロパティで設定すると、www などのサブドメインや http などの複数のプロトコルが自動的に紐づけされます。

表示された「TXTレコード」をDNS設定にコピペします。

DNS 設定は少々難しい面があります。
私は結局、設定できませんでしたので、DNS設定はエックスサーバーから行いました

URLプレフィックス

無料ブログなど独自ドメインではないサイトでは DNS レコードでの登録はできませんので、URL プレフィックスプロパティ」で登録することとなります。

「URL プレフィックスプロパティ」は1つの URL のみ適用されます。
例えば http と https に対応している場合はプロトコルごとに個別のプロパティを追加する必要があります。
サブドメインやサブディレクトリーも URL プレフィックスで登録します。

Googleアナリティクスに紐づけする

個人的にはこの方法が1番手っ取り早かったです。
Google アナリティクスを登録 してから Search Console で「プロパティの追加」を行うと、所有権を自動確認してくれます。

【Googleアナリティクス】グローバルサイトタグとトラッキングIDの設定方法

HTMLファイルをサイトにアップロード

メタタグをサイトに追加

レンタルサーバーで設定

エックスサーバーでSearch Consoleサイトプロパティ確認を行いました

プラグインで設定

プラグインAll in One SEO Pack などでも設定できますが、プラグイン自体が重いのでオススメはしません。
もしプラグインで設定した場合は Search Console での登録は不要です。どちらで設定しても良いのですが重複しないようにすることが大切です。

完了!

「所有権を自動確認しました」

サイトの所有権を確認する – Search Console ヘルプ