ぷらっとこだまで新幹線グリーン車に安く乗ってみました

 

新幹線こだまは各停になりますので、のぞみ/ひかりより時間がかかります。

 

2020年8月で料金を検索してみました。こだまは各停ですが、のぞみ/ひかりと比べると指定席とグリーン車が若干安い程度で、ほぼ同料金となっています。

 

でも、JR東海が運営している「ぷらっとこだま」では、自由席で12,300円、グリーン車は13,800円でチケットを買うことができます。通常、自由席で14,850円に対し、こだまのグリーン車13,800円は安すぎ。

今はコロナで人混みを避ける必要がありますので、利用してみました。

ぷらっとこだまは乗車日の1ヶ月前の11時から前日17時まで購入することができます

 

普通車とグリーン車を比較

N700系になります

座席がゆったり

まず異なるのが座席の数。普通車は左右に2列席と3列席がありますが、グリーン車は左右2列づつとなり、その分1席あたりの面積が大きくなります。

こちらは一般車両。座席の幅は約40cm。

グリーン車はシートの色も異なり、見るからに高級感が漂います。横幅は約50cm。

 

床はじゅうたん

ふかふか!

 

足元にフットレスト

この状態の場合(じゅうたんと同系色の場合)土足でOK。

広げた場合は靴を脱いで足を載せます。高さ調整も可能。

 

テーブル

ちょっと前にスライドできる程度。

サイドテーブルが付いていますので「ここに飲み物を置いてテーブルにノートパソコンを置いて」といった使い方が可能。

 

機能

ボタン1つでリクライニング可能。

手元にあるボタンを押すと足元から温風が出ます。

もう1つのボタンは読書灯。座席に付いているこれはライトが光ります。

コンセント付き(※普通車は窓際と車両の1番前の座席に付いています)。

空いてて広くて快適でした!

 

いろいろ補足

富士山

これはどの車両も共通ですね。きれいでした。

新幹線の写真が撮りにくい

飛び込み防止のホームドアが邪魔だし(仕方ないですが)、駅員さんも「黄色い線から出ない」ように言うしロクに撮れませんでしたので、遠くから撮って切り抜きました。

一体どこから撮影できるのか?Googleで検索してみましたが、東京駅の場合は15~19番線ホームが良いみたいですね。でも昔の記事が多く現在もOKなのか分かりませんでしたので個別リンクを貼るのは止めておきます。◆新幹線 撮影スポット

閑散とした東京駅

人が多いと鬱陶しいですが寂しい感じもしました。コロナ終息してほしいなあ。