2019年 株主優待到着 (株)シノケングループ(8909)【2018年権利分】

シノケングループは不動産業だけではなく、ゼネコン、介護など多岐にわたる事業を展開している企業です。

株式会社シノケングループ

優待内容

 

 

保有数、保有年数に応じてクオカードをもらうことができます。

500株1,000円
1000株2,000円
1000株(3年以上)5,000円

 

権利確定月は12月末日

 

権利付き最終日12月26日(木)保有
権利落ち日12月27日(金)売っても良い

 

スポンサーリンク

 

2019年4月現在の利回り、決算

 

 

100株で5.33%

  • 株価 750
  • 投資金額 75,000円
  • 配当 3,000円(利回り4.00%)
  • 優待 1,000円(利回り1.33%)

1000株で4.27%

  • 株価 750
  • 投資金額 750,000円
  • 配当 30,000円(利回り4.00%)
  • 優待 2,000円(利回り0.27%)

1000株3年保有で4.67%

  • 株価 750
  • 投資金額 750,000円
  • 配当 30,000円(利回り4.00%)
  • 優待 5,000円(利回り0.67%)

 

最も利回りが良いのは100株保有者

私は中途半端な800株保有。

 

感想と今後の見通し

 

事の発端は、どう考えても「TATERUの不祥事発覚」

ストップ安連チャンの後、経営団の会見で持ち直すかと思いきや、更に下落。

 

TATERUの現在の株価は256円。最高値2549円から10分の1まで落ち込み。

TATERU、122棟の販売用不動産売却

 

そしてシノケンも、それまできれいな右肩上がりチャートだったのが一転。

二重契約不祥事発覚の後に買いましたので
どうにか黒字

 

現在のPERは約4倍、PBRは0.7倍、信用倍率は1倍以下。理想的な数値なのに「なんでこうも押さえつけられてるのかなー」と思ったら(恐らく)機関の空売りが原因のよう。中でも野村証券の空売り残高が多い。

8909 (株)シノケングループの空売り残高情報

不祥事から約半年が経過しましたし、そろそろ「空売りの踏み上げ」が見たいものです。

 

保証は致しかねます

売買は自己判断・自己責任でお願いします

タイトルとURLをコピーしました