首里城公園に行ってきました。国営沖縄記念公園

沖縄最終日は首里城。

朝1で行きました。

この日も、あいにくの空模様。

 

 

史跡:首里城跡

 

守礼門(しゅれいもん)

 

記念紙幣2000円札の絵柄になっています。

 

 

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

 

国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所。

 

 

2011年に放送されたドラマ「テンペスト」で観た光景が広がっていました。

 

 

第一の正門 歓会門(かんかいもん)

 

首里城の城郭(じょうかく)内へ入る第一の正門。

 

 

第二の門 瑞泉門(ずいせんもん)

 

 

第三の門 漏刻門(ろうこくもん)

 

 

万国津梁の鐘(ばんこくしんりょうのかね)

 

 

隣に日影台(にちえいだい)という日時計もありました。

 

第四の門:広福門(こうふくもん)

 

 

第五の門:奉神門(ほうしんもん)

 

首里城正殿のある「御庭(うなー)」へ入る最後の門。

 

 

正堂周辺

 

淑順門(しゅくじゅんもん)

国王やその家族が暮らす御内原(おうちばら)と呼ばれる場所への表門

 

 

正殿(せいでん)

 

ここからは有料エリアです。

 

琉球王国の中心部。木造の三階建です。

 

 

 

正殿内部

 

1階の御差床(うさすか)

下庫理(しちゃぐい)と呼ばれ、主に国王自ら政治や儀式を執り行う場所。

 

2階の御差床(うさすか)

大庫理(うふぐい)、王妃や身分の高い女官たちが使用した空間。

国王が座る玉座。

 

王座を横から。肘掛けが龍になっています。

 

 

2階からの外の眺め

 

 

国王の玉冠

 

首里城正殿の模型

 

 

城の土台

 

ミニチュア

 

北殿(ほくでん)

沖縄サミットの晩餐会にも利用されました。

 

 

ミュージアムショップ

紅芋タルトがバラ売りしてたので買いました。美味しかったです。

 

シーサーいっぱい。

 

 

にゃんこ発見!

 

逃げられた…

 

 

アクセス(電車)

 

ゆいレール首里駅にて下車。 徒歩約15分で守礼門に到着

 

駐車場

首里杜館地下駐車場

  • 乗用車1回320円
  • 8:00~
  • 障がい者割引。全額免除

他の駐車場

  • リパーク首里城前(1番近い)60分300円
  • 首里パーキング第1:500円
  • 首里パーキング第2:9:00-17:00/500円
  • 首里城前パーキング:7:00-20:00/最初の1時間300円
  • タイムズ首里城前:60分400円
  • 三井のリパーク首里城前:60分300円/24時間最大料金800円

開園時間

 

  • 無料区域 8:00~
  • 有料区域 8:30~

休館日

 

  • 7月の第1水曜日とその翌日

料金(有料区域)

 

  • 大人820円
  • 中人 (高校生)620円
  • 小人 (小・中学生)310円
  • 6歳未満無料
  • 障がい者割引:介護者1名も無料
  • モノレールのフリー乗車券(1日券・2日券)提示で割引

コインロッカー(無料)

 

特大サイズがあるのは首里杜館地下1階のみです。

他にも色々と設備が揃っています。

  • 車椅子の貸出
  • 点字ガイドブック
  • ベビーカーの貸し出し
  • セブン銀行ATM
  • 外貨両替機

 

首里城 ‐ 琉球王国の栄華を物語る 世界遺産 首里城
首里城は、琉球王国の幾多の興亡を伝える歴史の証人。 琉球の島々を治め、中国、日本、朝鮮、東南アジアの国々と外交、貿易を展開した首里王府の司令塔として、王とその家族等が住み、華麗な王朝文化に彩られた空間でした。