ソニーハンディカムビデオカメラFDR-AX45を買いました

購入の条件はこんな感じでした。

  • 4K 30p~
  • 手振れ防止
  • ズーム
  • 広角レンズ
  • レンズカバーは自動
  • 内蔵メモリーが多い
  • 軽い
  • 予算5万円

結局買ったのは「ソニーFDR-AX45」。ええ、予算は超えました。

 

カラーはブラウン。理由はブラックより安かったから。実際に持ってみると「シルバー系のブラウン」といった風合いで結構いい色です。

 

サイズ。

私でも簡単きれいに

 

4Kの100mbpsで撮影しました。容量はどうしても大きくなります。

 

もちろんHDでも撮影可能。

 

空間光学手ブレ補正

レンズが動く!ズームしてもブレない!「ソニーすごい!」と感動。

 

手振れ補正はOFFにすることもできます。

 

ズーム

これがまた素晴らしい。

この動画では船の上で海に出た辺りで結構ズームを多用しましたが、全くブレませんでした。

 

FDR-AX45のズームのすごさは、こちらの動画も参考になります↓

 

広角レンズ

視界の広さにびっくり。

「専用開発のZEISSバリオゾナーTレンズにより、ワイド端26.8mmの広角撮影を実現」

 

花火もきれいに撮れた

設定の「シーンセレクション」で「打ち上げ花火」を選択しただけ。

 

2019年 第31回なにわ淀川花火大会で撮影。三脚を使っています。マイクの音も悪くはないかと

 

撮影時間

内蔵メモリーは64GB。「4K 60Mbpsで1時間56分」「4K 100Mbpsで1時間12分」撮影できます。

100Mbpsの場合は静止画の撮影はできません

 

一応、SDカード「サンディスク Extreme Pro 64GB[楽天]」を挿しました。

 

SDカード64GBの場合は、4K 60Mbpsで2時間6分、100Mbpsで1時間19分撮影できます。

でも、バッテリーは約2時間半しか持ちませんので、内臓メモリー+SDカードで撮りたい場合は、バッテリーを追加購入する必要があります。

◇SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FV70A

 

難点

晴れた日は見えにくい

屋外では液晶画面が見えにくいです。時に想像力を働かせる必要があります。この問題はファインダーで確認できるFDR-AX60FDR-AX100などがありますが、10万円を超えます。

重い

バッテリーを装備すると600gもあります。

一眼レフよりも重いので(Nikon D5500は470g)。両方持っているとミラーレスの軽さが愛おしく思えます(Nikon 1 J5は約250g)。

重さがあるので、ここぞ!という時にしか持っていってないです。最近撮った動画の中で(YouTubeチャンネル)、「え…」といった感じのものはNikon D5500Nikon 1 J5、スマホで撮影しています。後から激しく後悔しますがどうにもこうにも。

 

スマホvsビデオカメラ

iPhoneは6sから4K動画に対応しました。友達に見せてもらったらきれいな映像でしたので「いっそのことiPhoneを買おうか軽いし」と思いましたが、手振れが問題のような気が。ズーム機能も「まだこれから」という気がしました。

バッテリー/連続録画時間

Androidは「10分撮れれば上出来」という感じですが、iPhoneは3時間も撮影できる模様。

参考サイト➡おみGOD。4K動画が3時間こえて撮れたiPhone 6s Plus

手振れ

Googleフォトのスタビライズ機能で解消できますが、10GBを超える動画はアップロードできませんし、解像度は1080に圧縮されてしまいます。

 

後書き

実は、めちゃくちゃ悩んで決めました。

「防水・防じん・耐衝撃・耐低温の4つの保護性能QUAD PROOFを搭載」のKENWOOD GZ-RY980-Aもいいなあと思いましたが、ソニーの「空間光学手ブレ補正」の魅力には負けました。

GoProアクションカメラも使いやすそう!と思ったのですが、ズームが難しいようで止めました。

➡4k全般でズ―ム機能が使えなかったはず。 なので、僕はズ―ム撮影をしたい時は。 2.7kで撮影してます

まあ、私は撮るの下手ですし、上達しようという意欲も欠けているので、結果的にはソニーFDR-AX45を選んで正解だったかも。

他にも、静止画が撮れたり(特に花火は助かった)、NFC通信でスマホ連携、リモート操作、4Kタイムラプス、スロー録画などの機能が付いています。