サイトの迷惑メールやコメントを防ぐ方法



プラグインContact Form 7

WordPress をお使いの場合は Contact Form 7 が便利です。
メールを送る時に「チェックを入れる」を必須にするとスパムメールを防ぐことができます。

お問い合わせフォームContact Form 7を設けGmailで送受信できるように設定する

フォームにこのように追加し、1番下にある「保存」ボタンをクリックします。

[acceptance your-consent] 
内容をご確認の上チェックを入れてください
 [/acceptance]

Acceptance checkbox

「承諾確認」からも設定することができます。

もし、それでもスパムメールが届く場合は reCAPTCHA が有効です。

  1. お問い合わせ
  2. インテグレーション
  3. インテグレーションのセットアップをクリック
  4. Google reCAPTCHA からサイトを登録しキーを取得
  5. 「インテグレーションのセットアップ」からサイトキーをシークレットキーを登録

コメントブラックリスト

WordPress をお使いの場合は「設定→ディスカッション→コメント内で許可されないキーワード」の項目から設定すると効果的。コメントだけでなくメールも弾きます。

拒否したいドメインや IP アドレスはもちろんのこと、「死 ね」「バ カ」などの単語も有効。
拒否したドメインなどで送信しようとすると「送信できません」と表示されます。

サーバーから拒否

エックスサーバーの場合は「アクセス拒否設定」を行うと効果があります。
「アクセス拒否 IP 追加」をクリックしたら、拒否したい IP アドレスを登録します。

これで拒否されるとサイトを開くことすらできなくなります(403エラー)
ですが IP が変わったら元の鞘なので効果は薄いかも。

迷惑メール設定

サーバーの迷惑メール設定を ON にしておくと、迷惑メールとして検知したメールには件名に [SPAM] と付記されるので見分けがつきやすくなります。

メールを振り分ける

ここではエックスサーバーで説明していますが、Gmail も Yahoo! にも同じような機能はあります(フィルター分け)。

  1. メールの振り分け
  2. ドメイン選択
  3. メール振り分け設定追加
  4. キーワードなどを入力して登録

メール振り分けはスマートな方法ですが「迷惑メールを送っている人は気が付かない」という欠点があります。人によっては「無視された!」と思うかも。

メールアドレスを変更する

すでにメールアドレスを知られていて、しつこく送られてくる場合は変更した方が良いです。

私も先日、断ってもしつこく「広告載せてクレクレさん」がいたのでアドレスを変更しました。
無料サイトをお使いの場合でも、日頃からプライベートとサイト用のアドレスはきっちり分けておくと良いですね。