GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定方法【常時SSL化】

スポンサーリンク

サイトを常時SSL化した際に設定しましたが、ドメインを追加した時にも参考になるかと思います。

Googleアナリティクスの設定

➡Googleアナリティクス

プロパティ設定

サイトを登録設定することにより、ユーザーがどこから来たか把握し、データを分析して情報を得ることができます。

左下の「管理」をクリック。

アカウントを選択し「プロパティ設定」をクリック。

新規ドメインを追加する場合は「プロパティを作成」をクリックします

デフォルトのURLを「https://」を選択→「保存」をクリックします。

 

ビュー設定

ウェブサイトのURLを「https://」に選択→「保存」をクリックします。

 

Search Consoleを調整

Search Consoleとのデータ共有機能を有効にします。

プロパティ設定→「Search Consoleを調整」をクリック。

「保存」をクリック。

 

トラッキングコードの見直し

トラッキングコードがga.js→gtag.jsに変わっていましたので、貼り直しました。

管理→プロパティ設定→トラッキングコード情報→トラッキングコード

<head>タグ内に貼り付けます。

 

スポンサーリンク

 

Search Consoleでサイトの所有権を確認

Google Search Console

左上のURLの横にあるプルダウン→「プロパティを追加」をクリック。

 

httpsから始まるURLを入力して「続行」をクリックします。

 

確認方法はいくつかあります。HTMLファイルをサイトにアップロードしたり、メタタグをサイトに追加することにより所有権を確認することができます。

当サイトでは「Search Consoleを調整」でGoogleアナリティクスと連結したら確認が完了しました。

➡サイトの所有権を確認する – Search Console ヘルプ

 

確認が終わると、Search Console→設定の欄に「あなたは確認済の所有者です」と表示されます。

 

他、Search Consoleの設定

サイトマップを作成

これは設定しておいた方が良いです。

サイトマップとは、サイト上のページや動画などのファイルについての情報や、各ファイルの関係を伝えるファイルです。
サイトマップについて – Search Console ヘルプ

プラグイン「Google XML Sitemaps」を使うと簡単です。

Google XML Sitemaps
This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

作成したら、Search Console→サイトマップ→「新しいサイトマップの追加」のURLの末尾に「sitemap.xml」を付けて送信します。送信が成功すると「成功しました」と表示されます。

 

メール配信

➡メール設定

必要に応じて設定します。メール配信を停止したい場合は、メールに記載された「配信停止リンク」をクリックします。

 

インターナショナル ターゲティングを設定

多言語化しているサイト向きの設定になります。

hreflang エラーを監視したり、検索結果で優先すべき国を選択したりできます。地域ターゲティングにより、地域に関連する検索結果の精度も向上します。

こちらから「確認済のプロパティを選択」→次のページでターゲットの国を選択して保存。

もしくは、特定の地域に関連付けたくない場合は「指定なし」を選択します。

日本語以外の言語をターゲットにしている場合は、「hreflangタグ」を<head>タグ内に設置することにより反映されます。

<link rel="alternate" hreflang="lang_code" href="url_of_page" />

➡ページのローカライズ版について Google に知らせる – Search Console ヘルプ

 

ユーザーの追加

複数人でSearch Consoleにアクセスしたい場合に設定します。

管理→「アカウントユーザーの管理」をクリック。

右上のアイコン→「ユーザーを追加」から設定します。

 

タイトルとURLをコピーしました