常時SSL化。Google AdSenseの設定方法。広告クローラのエラー

Googleアドセンスは、元々、HTTPの記述が削除されていますので、特に古いコードでない限り変更する必要はありません。

 

 

尚、コードタイプは非同期のままで大丈夫です。

 

非同期広告コードとは、完全非同期バージョンの AdSense 用広告コードのことで、ウェブページの読み込み時間を短縮し、サイトを訪れたユーザーの利便性を高めます。
非同期広告コードは、特にモバイルでウェブページの読み込み時間を短縮します。非同期広告コードについて

 

Google AdSenseはすぐには表示されない

 

SSL(https化)にした後、アドセンスは表示されたり消えたりと不安定でした。

 

 

完全に表示されるまで丸1日はかかりました。

精神的に疲れた…

 

広告クローラのエラー

 

Google AdSenseに表示されていました。

「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります」

 

 

え・・・

なんですかそれは。

エラーの内容

 

左横の+をクリック。

 

 

エラーのURLがずらっと表示されました。

 

 

該当のURLを開いてみると「https」にはなっていますが、「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示されていました。

 

 

F12キーでコンソールを開きました。

 

 

英語でごちゃごちゃ書かれていますが、こういうことらしいです。

  • じゃらんのURLがhttpだから直せ
  • リンクしているサイトが「このサイトへの接続は完全には保護されていません」だからダメ
  • トマレバの楽天トラベル画像がhttpだから直せ

 

直したら無事にSSL化に成功。

 

 

この要領で26個のURLを修復しました。

これで完了!と思ったら

Googleさまからお手紙が届きました。

 

サイト https://zbnr-hp.com/ で「インデックス登録の対象範囲」の問題が新たに件検出されました

 

Message type: [WNC-10030322]
Search Console により、貴サイトに影響する「インデックス登録の対象範囲」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「インデックス登録の対象範囲」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。
新たに検出された問題:
送信された URL に noindex タグが追加されています

 

恐る恐る、下部の「Search Consoleを使用してインデックス登録の対象範囲 件の問題を修正」をクリックしてみました。

 

 

エラーが3830件。

 

 

お茶吹いた。

 

 

noindexとは?

 

 

Googleスプレッドシートでダウンロードしてみました。

 

 

さすがに3830件全て確認はしていませんが、恐らく全て画像。

下書きに入ったままの画像も多いです。

意味が分かりません。

 

送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML レスポンスに、「noindex」ディレクティブがあります。このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP レスポンスを削除する必要があります。インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ

 

サイトマップを確認したところ、異様な数値でしたので直しました。

サイトマップが表示できない。This page contains the following errors。原因と対策