【常時SSL化】Google AdSenseの設定方法。広告クローラのエラー


Googleアドセンスは元々、HTTPの記述が削除されていますので、特に古いコードでない限り変更する必要はありません。コードタイプも非同期のままで大丈夫です。

非同期広告コードとは、完全非同期バージョンの AdSense 用広告コードのことで、ウェブページの読み込み時間を短縮し、サイトを訪れたユーザーの利便性を高めます。
非同期広告コードは、特にモバイルでウェブページの読み込み時間を短縮します。非同期広告コードについて

 

すぐには表示されない

SSL(https化)にした後、アドセンスは表示されたり消えたりと不安定でした。

完全に表示されるまで丸1日はかかりました。

 

広告クローラのエラー

Google AdSenseに表示されていました。

「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります」

え・・・

なにそれ

 

エラーの内容

 

左横の+をクリック。

 

エラーのURLがずらっと表示されました。

 

該当のURLを開いてみると「https」にはなっていますが、「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示されていました。

 

F12キーでコンソールを開きました。

 

英語でごちゃごちゃ書かれていますが、こういうことらしいです。

  • じゃらんのURLがhttpだから直せ
  • リンクしているサイトが「このサイトへの接続は完全には保護されていません」だからダメ
  • トマレバの楽天トラベル画像がhttpだから直せ

 

26個のURLを直して無事にSSL化!