白・国産・コスト◎の3拍子揃ったティッシュペーパー【コスモスStandarDay】


東証一部上場企業である大王製紙とコスモス薬品のプライベートブランド【StandarDay】は、ディスカウントドラッグコスモスで買うことができます。

箱型とソフトパック両方買いました。「MADE IN JAPAN」の真っ白いティッシュに惚れ惚れ。

箱型もこんなにスッキリ!

サイズはソフトパックの方が片側のみ約3cm小さくなっています。この違いは結構大きい。

  • 箱型:197×207
  • ソフトパック:197×178

日本製と中国製ティッシュの違い

パルプの香り

「StandarDay」のフワッと香るパルプの香りに感激。
これまで使っていた中国製の「アスクル ティッシュペーパー(ロイヤルオーシャン)」はそういう香りはしませんでした。

肌に良い

中国製ティッシュは鼻をかむと肌がカサカサになりやすかったです。
それなりに気に入っていたのですが、ばいばいアスクル。

今後はStandarDayティッシュを買います!
日本製のパルプティッシュは素晴らしい!
色や模様が入っていないので買ってきてそのままポンと置いても生活感が出ないし!最高!(興奮)

StandarDayと中国製ティッシュのコスト比較

お値段的にも納得して買いたいので細かく比較してみました。
(※2022年6月現在の価格)

今まで買っていたアスクルのティッシュペーパー

まとめ買い12パックで3,286円なので1パック273.9円。
1パックにつき3個(計900枚)入っているので1枚あたり0.304円

StandarDayソフトパックティッシュ

12個入り498円。
498円÷12個=1個あたりの価格は41.5円。
1個300枚入りなので「41.5円÷300枚」で計算すると1枚あたり約0.138円

ずっと買っていたアスクル ティッシュペーパーの方が「1枚あたり約0.166円」も高かったとは複雑すぎ。

StandarDay箱ティッシュ

5箱入298円。
298円÷5箱=1箱あたりの価格は59.6円。
1箱400枚入りなので「59.6円÷400枚」で計算すると1枚あたり0.149円

格安ティッシュとの比較

こういうティッシュ。たまにドラッグストアなどで5箱198円くらいで見かけます。

1箱あたりの価格は39.6円。300枚入っているので1枚あたり0.132円
ソフトパックティッシュより0.006円高いですが、国産と中国産の違いを考えると納得。

他、コスモスStandarDayで買ったもの

キッチンペーパー(ソフト)

日本製。良かったけど枚数が少なく、すぐ無くなるのでハードタイプを使っています。

キッチンペーパー(ハード)

日本製。5個パックで498円くらい。一見高いですが1パック200枚入っているので意外とお得。
厚みもあり水に濡れても破けにくくて最高に良かったのですが、最近リニューアルしたみたい。
以前の方が良かった。

ハードスポンジ

スコッチブライトなどと比べると劣りますが、100均スポンジよりは全然良いです。
約100円で買えるので毎月取り換えるようになりました(スポンジって毎月取り換えるの抵抗ありません?)
「ハード」と書かれてありますが「柔らかめのハード」といった感じ。

キッチンパック マチ付M

ヘビロテ中。破れにくいし大きさが絶妙に良いので気に入っています。
200枚入りで確か100円だったような。ベトナム製。
主に生ごみ入れとして使っていますが、たまに食品も入れています(「食品・添加物等の規格基準に適合しています」と書かれてあるので大丈夫かな)

クッキングシート

シートは真っ白。5mで約100円なので言うほど安くない。Amazonでも50m約1,000円で買えるので

トイレットペーパーはダメ

紙くずが出すぎるのでトイレの床が汚れます。
ペーパーだけは「スコッティフラワーパック2倍巻き」を続行。