Cocoon自動生成されるサムネイルを停止&削除しました

この記事を書いた時の環境

削除しても良いサムネイルは人により異なります
必ずバックアップをとってから作業してください

長い前置き

小さいサイズは生成されなくなった

200px以下のサムネイル(主に100px150px160px)は2019年12月5日を皮切りに生成されなくなりました(メディア設定を行っている場合は生成されます)。

たとえば、メディアライブラリは以前は160pxのサムネイルが使われていましたが、200pxのサムネイルが用いられるようになりました。

だったら100px150px160pxは削除したい

 

1536と2048サイズのサムネイル

大きいpng画像をアップロードしたところ、サムネイルが8つも自動生成されるようになりました。

  • 200×200
  • 240×240
  • 300×300
  • 320×320
  • 640×640
  • 768×任意の数値
  • 1536×任意の数値
  • 2048×任意の数値

WordPressのダッシュボード→メディア設定で数値を0にしていない場合は、合計11個の画像が自動生成されることになります。

赤い枠が元の画像になります。元の画像と比べるとサムネイルは容量が増加しますし、ぼやけるのでモヤモヤしていました。

 

サムネイルscaled.jpg

大きいサイズのJPG画像をアップロードすると「scaled.jpg」という画像が生成されるようになりました。これまた元の画像に比べると大きくなっています。

WordPressのバージョンアップにより「画像の最大数は2560px」となり、それ以上の画像はscaled.jpg画像として表示するようになったとのことです。

When a new image is uploaded, WordPress will detect if it is a “big” image by checking if its height or its width is above a big_image threshold. The default threshold value is 2560px, filterable with the new big_image_size_threshold filter.
Introducing handling of big images in WordPress 5.3 – Make WordPress Core

 

Cocoonサムネイルの用途

サムネイルの用途は主に「アイキャッチ、新着記事、人気記事、関連記事、ページ送り」になりますが、使われているサイズは結構バラバラでした。Cocoonではある程度、最適なサイズがない場合でも補ってくれるようです。

768px

生成された後に768pxのサムネイルを削除すると、モバイルで画像が表示されなくなるので削除しない方が良いです。ちなみに、768pxの自動生成を停止した後はデフォルト画像が表示されるようになりました(だったら最初から無くても良いかと思うのですが)。

また、PCやモバイルの新着記事・人気記事・関連記事でも使われていました。

640px

PCの新着記事・人気記事・関連記事、モバイルではアイキャッチ。

320px

PCの人気記事。モバイルの関連記事やブログカード。

300px

これが分からない。

240px

モバイルの人気記事。

200px

メディアライブラリ。

ページ送り(ページャー)

PCもモバイルもアイキャッチのデフォルト画像。

カルーセル

PCもモバイルもアイキャッチのデフォルト画像。

アドセンスの関連コンテンツのサイズは分からない

長押ししても右クリックでもダウンロードできないし、下手すると誤クリックになるので検証は中止。

アイキャッチはデフォルトがいい

アイキャッチでは768pxと640pxが表示されていましたが、圧縮されるとぼやけるし、なぜか容量が大きくなるのでモヤモヤします。アイキャッチは限界までサイズを小さくしていますので、デフォルト画像を表示させたいのですがやり方が分かりません…

 

WordPressの自動生成を停止

何の対策もしていない場合、1枚の画像をアップロードするとこれだけのサイズのサムネイルが自動的に生成されます。

thumbnail150px
中 medium300px
大 large1024px
medium_large_size_w768px
1536px
2048px
scaled2560px

150px,300px,1024pxを停止

これは多くの方が設定しているかと思うのですが一応記載しておきます。ダッシュボード→設定→メディア設定でサイズを全て「0」にし、「変更を保存」ボタンをクリックします。

 

768px,1536px,2048pxを停止

ダッシュボード→外観→テーマエディタ→Cocoon Child テーマのための関数 (functions.php)

次のコードを付け加えると生成されなくなります。

//サムネイル自動生成停止
add_filter( 'intermediate_image_sizes_advanced', 'disable_image_sizes' );
function disable_image_sizes( $new_sizes ) {
  unset( $new_sizes['medium_large'] );
  unset( $new_sizes['1536x1536'] );
  unset( $new_sizes['2048x2048'] );
  return $new_sizes;
}

 

scaled.を停止

functions.phpに次のコードを付け加えると生成されなくなります。

add_filter( 'big_image_size_threshold', '__return_false' );

 

768pxは設定ページからも停止できる

アドレスバーに「https://ドメイン/wp-admin/options.php」と入力→「medium_large_size_w」を0にする→「変更を保存」ボタンをクリックすると生成されなくなります。

 

FTPで手動で削除&バックアップ

当サイトでは、100px,120px,150px,160pxはバックアップをとった後に削除し、75px,1536px,2048pxサイズは削除しました。

サムネイルを削除する前にサイズごとにバックアップをとっておくと、不具合が生じた時にすぐ復旧することができて安心です。あらかじめ、デスクトップにサイズ毎にフォルダーを作成しておきます。

 

FileZillaの場合は、上の方にある検索アイコンをクリックします。

➡【FTPソフト】FileZillaのインストール&接続方法

 

たとえば、「75×75」のサムネイルはルクセリタスでの極小サムネイルなのですが、現在は使っていませんので削除します。「75×75」と入力したら検索ボタンをクリックします。

検索に引っ掛からない場合は「75×」「×75」などと文字を変えると良いです

 

検索結果を全選択→右クリック→ダウンロード→転送先のフォルダー選択→OKボタンをクリックして保存します。

 

これだけ削除できた

100px,120px,150px,160pxサイズだけで合計16,164枚。OneDriveにバックアップしたら2時間もかかりました。75px,1536px,2048pxはカウントしていないのでもっと削除したことになります。

生成されるサムネイルは5サイズになりました。

後日談として、メディアライブラリの画像はやっぱり不要なので200×200を削除、また人気記事などは表示させる予定はありませんので240×240、300×300、320×320もバックアップをとった後に削除しました。

繰り返しますが、不要なサムネイルは人により異なりますのでバックアップをとってから削除してください







サイト運営
わたしらしく