道の駅たろう。岩手県田老町の「津波てんでんこ」

スポンサーリンク

道の駅みなとオアシスみやこと同様に、国道45号線沿いにある道の駅です。

 

以前は内陸にありましたが平成28年7月に移転。

 

震災前の田老地区のジオラマがありました。

 

この地は昔から津波が多く、「田老万里の長城」と呼ばれる、長さ2433m/海抜10mの防潮堤がありましたが、東日本大震災の津波はそれを超えてしまいました。

「津波てんでんこ」といった防災教育も盛んな町で有名でしたが、2005年に宮古市との合併により田老町はなくなりました。

 

店内には生け簀!

 

美味しそうだなあ。たまらん。

 

スジメ巻きで遅いランチ。外のベンチでこそこそ食べました。

スジメとは「ぞうか」と呼ばれる海藻です。昆布に似ていますがワカメに近い海藻だと書かれてありました。中には炭で焼いた鮭が入っていて、スジメのシャキシャキ感と相まってとても美味しかったです。

山長商店、善助屋食堂、まつばや餅店なども併設。

 

前述した「津波てんでんこ」とは、

自分の命は自分で、各々が何も気にせず、てんでばらばらになって逃げることを指します。

この教えは賛否両論あるでしょうが、私は良い考えだと思います。

生きてさえいれば、いつか会えますから。

 

しばらく、どんよりとした天気が続きました。明日は晴れますように。