AMPが有効になっているか確認・修正する3つの方法

サイトをAMP(Accelerated Mobile Pages)対応にすると、モバイルページで高速で表示させることができます。

Google Search Console

Googleサーチコンソールを開いたら、左下にある「AMP」をクリックします。下の方にある「詳細」コーナーでエラー内容をクリック。

まだあるー

下の方にURLが書かれています。URLにマウスカーソルを当てると「URLを検査」と表示されますのでクリック。

すると「リンクされているAMPバージョンが無効です」などとエラー内容が表示されますので、修正します。

修正が終わったら「公開URlをテスト」をクリックしてテスト。

合格すると「AMPページは有効です」と表示されます。

また、その下には「AMPバージョンをインデックスに登録できます」といった風に表示されます。

AMPテスト

個別で調べたい場合は、GoogleのAMPテストがお手軽。URLの末尾に「?amp=1」もしくは「amp」と入力します。

エラーがない場合は「有効なAMPページです」と表示されます。

AMP Validator

Chromeの拡張機能「AMP Validator」→「CHROMEに追加」をクリックしてインストールします。

右上にマークが出てきますが、トップページはAMPになっていないので(トップページはAMPにしない)灰色のマークになっています。

AMPになっているページは「青いアイコン」が表示されます。

AMPエラーがある場合は、「青いアイコン」をクリックすると「赤いアイコン」が表示されます。この場合は、エラーが2個あるということになります。

「赤いアイコン」をクリックすると、エラーがある行数と内容が表示されます。

AMPが有効になると雷マークが付く

モバイル端末から確認すると雷マークが付いています。

後書き

ページを個別毎にチェックしたい場合は「AMP Validator」がやりやすいと思います。

エラー内容は日本語表記のGoogleサーチコンソールが分かりやすかったです。

AMPエラーいろいろ

AMPの記事一覧


タイトルとURLをコピーしました