AMPが有効になっているか確認・修正する3つの方法

AMPエラー内容いろいろ。Google先生に怒られっぱなし

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは
Googleが主導。モバイルページを高速で表示させるためのプロジェクトのこと

①Google Search Console

 

Google Search Console

 

Googleサーチコンソールを開いたら、左横の「拡張」の「AMP」をクリックします。

 

 

エラーがある場合は、こんな風にエラーの数が表示されます(まだあるー)。

 

 

下の方に「詳細」コーナーでエラー内容をクリック。

 

 

下の方にURLが書かれています。

URLにマウスカーソルを当てると「URLを検査」と表示されますのでクリック。

 

 

すると「リンクされているAMPバージョンが無効です」などとエラー内容が表示されますので、「詳細」や「ソースを表示」などから確認します。

 

 

修正が終わったら「公開URlをテスト」をクリックしてテストします。

 

 

テストに合格すると「~有効です」と表示されます。

 

 

また、一気に修正して「修正を検証」をクリックしてもテストすることもできます。

 

 

「検証:開始」

結果は数日後にメールで届きます。

 

 

②AMPテスト

 

個別で調べたい場合は、GoogleのAMPテストがお手軽です。

その際は、URLの末尾に「?amp=1」と入力します。

(サイトのトップページは調べることはできません)

 

 

エラーがない場合は「有効なAMPページです」と表示されます。

 

 

③AMP Validator(Chrome拡張)

 

AMP Validator
Automatically checks each page for AMP validation.

 

「CHROMEに追加」をクリックしてインストールします。

 

 

右上にマークが出てきますが、トップページはAMPになっていないので(トップページはAMPにしない方が良い)灰色のマークになっています。

 

 

AMPページがある場合は「青いアイコン」が表示されます。

 

 

AMPエラーがある場合は、「青いアイコン」をクリックすると「赤いアイコン」が表示されます。この場合は、エラーが2個あるということになります。

 

 

「赤いアイコン」をクリックすると、エラーがある行数と内容が表示されます。

 

 

AMPが有効になると雷マークが付く

 

モバイル端末から確認すると雷マークが付いています。

 

 

後書き

 

ページを個別毎にチェックしたい場合は、AMP Validatorがやりやすいと思います。

エラー内容は日本語表記のGoogleサーチコンソールが分かりやすかったです。

 

AMPエラー内容いろいろ。Google先生に怒られっぱなし