東京 丸の内駅舎を撮影してきました

丸の内口は、新幹線乗り場がある八重洲口の逆方面にあります(ぐるっと回る感じ)。

まずは構内にあるドームを撮影。ワシ型のレリーフが散りばめられ、とても美しい。

 

外観。めっちゃ立派。

 

1945年の東京大空襲で無残な形になりましたが(一見問題なさそうに見えますが屋根と内装は消滅)、平成24年(2012年)に復元されました。

By Gaetano Faillace – 「マッカーサーの見た焼跡―フェーレイス・カラー写真集 東京・横浜1945年」(文藝春秋、1983年8月)p34-35, Public Domain, Link

 

せっかくの重要文化財の撮影なのに、どんより天気が辛い。

 

躯体は鉄筋コンクリートで作られ、外壁にはレンガが貼られています。◇詳細はこちら

 

あらためて、埼玉県にある深谷駅に似てるといえば似てる。

新一万円札「渋沢栄一」の生誕の地!深谷駅に行ってきました

 

なんといっても御上のお膝元(天皇:皇居)なので、やたらと広々。

 

東京ステーションホテルが併設されており、お部屋によっては丸の内駅舎のドームや改札を見ることができます。楽天トラベルでは4.78と高評価。泊まりたいですが高い…

 

カウントダウンの時計がありました。3月24日にオリンピック東京五輪の延期が決定した際にカウントダウン停止→通常の時計化→開幕が決定し(2021年7月23日~8月8日)再びカウントダウンが開始されました。

五輪カウントダウン時計、再始動
東京五輪の開幕が2021年7月23日に決まり、JR東京駅前のカウントダウン時計が残り日数の表示を再開した。足を止めてカメラやスマートフォンを向ける人たちの姿が見られた。埼玉県に住む60代の女性会社員