TranscendポータブルHDDレビュー



1TB のトランセンドジャパン外付けHDDを買ってみました。

3年保証が付いて7,980円(2022年5月現在)
他、2TB・4TBもあります。

耐衝撃なので落下時も安心。

台湾製。
ケーブルも付いていました。

PC側はタイプA、周辺機器側はタイプBになります。

ただし、付属のコードは不具合が少なくないようです。
私は別途サンワサプライ USB3.0マイクロケーブルを買いました。

大きさ

手のひらサイズで持ち運びに便利。

なんか埃や付きやすい&取りにくい・・

4TB になると厚みが約1.5倍になる模様。

使い方

PC に接続すると「Transcend」が認識されます。
データを選択して「Transcend」に送るとバックアップされます。

また、このボタンは「ワンタッチ自動バックアップ」となっており Transcend Elite ソフトを使うことによりバックアップができるようです(やったことがないので詳細は不明)

速度

CrystalDiskMark で計測したところ、当サイトの場合は「1秒あたり約130MB」となりました。

今使っている FRONTIER PC 内蔵 HDD の速度は「1秒あたり約200MB」なので、それよりも少し遅い程度。
体感的には「遅いというよりも意外と早い」感じがしました。

テレビ録画に対応?

私はやったことがないのでAmazonの販売ページに記載の一部分のみ引用しておきます。

■テレビ録画に関しての補足事項
1) ご使用の際にはテレビに接続後、テレビ側で適するフォーマット(NTFS, exFAT等)に初期化してください。
※登録(初期化)を行った時点でお使いのハードディスク機器は接続したテレビ専用となります。
※他のテレビやPCに接続する場合は改めて初期化設定が必要です。その際ハードディスクに保存したデータは消去されますのでご注意ください。
2) 通常録画ではない[タイムシフトマシン]は非対応となります。
3) SeeQVault機能には非対応となります。
4) 安定した電源供給ができない可能性があるため、バスパワーUSBハブ経由でのご利用はサポートしておりません。

ソフトTranscend Elite

Transcend Elite | ソフトウェアのダウンロード

※ポータブルHDDと外付けHDDの違い

本質的には同じものになります。

ポータブルはコンセントが不要

外付け HDD は AC アダプタで給電するので電源(コンセント)が必要になりますが、ポータブル HDD は USB 接続なので電源は不要。

ポータブルは非常にコンパクト

外付け HDD は据え置き型となるのでサイズが大きく持ち運びには適しません。

大容量のデータ保管には外付けHDDがおすすめ

ポータブル HDD の容量はせいぜい 4TB に対し、外付け HDD は 18TB といった大容量のものもあります。

感想

既に1年使っていますが、可もなく不可もなく普通に使えています。
ただし、データの保管は過信しない方が良いかと。
3年保証が付いているということは、ある意味「壊れやすい」と認識しています。

大事なデータの保管はクラウドがおすすめ。
Microsoft 365 Personal キャッシュバックキャンペーンレビュー