YouTube動画をTwitterに効果的に埋め込む方法

2020年4月現在のTwitterの動画共有の規約はこんな感じです。

モバイルアプリではMP4とMOVの動画形式をサポートしています。
ブラウザではMP4(H264形式、AACオーディオ)をサポートしています。アップロードできる動画のサイズは最大512MBです。ただし長さは2分20秒間以内にしてください。
➡Twitterで動画を共有および視聴する方法

自動共有機能は廃止されました

 

通常、YouTubeにアップロードした動画をTwitterに埋め込む場合は、こんな感じに操作します。

動画→共有ボタンをクリック。

 

Twitterにログインした状態で、「Twitter」をクリックします。

 

ツイートをクリックすると共有されます。

 

PCから見ると動画キャプチャが表示されていて良い感じなのですが、スマホから見ると文字だけ。よほど興味が湧かないとクリックしなそう。

画像を貼り付けても見栄えが良くなりますが、他の方法で投稿してみました

 

Youtube Studioから動画を開き、動画の横にマウスポインタを置き、「ダウンロード」をクリックするとMP4形式の動画がダウンロードされます。

 

ダウンロードした動画をツイート画面にドラッグ&ドロップで貼り付けて、必要であれば文章も入れて「ツイートする」ボタンをクリックします。

 

動画のサムネイルが表示されました。ただし、このままだと文字が被ってしまいますので…

 

YouTubeの紹介URLも付記しておくと、より効果的かと思います。