改善 VideoPadのエクスポートが可能に!4K対応【無料動画編集ソフト】

記事を全面的に修正しました

動画編集ソフトVideoPadの仕様が大幅に改善されました。

以前は無料→改悪でエクスポート有料となりましたが、現在は改善されエクスポートができるようになり、4K動画の編集もできて使いやすくなりました。

しかし、なんせ無料ですので回数や日数などの制限があります。Microsoft Storeには「いくつかの有料機能を特定期間のみ無料でお試しいただけます」と記載されています。あくまでも「お試し」感覚で使うのが良いかと。

現在、当サイトでは時々ムービーメーカー、4K動画はPower Directorを使っていますので、詳しいご説明も頻繁な確認もできませんことをご了承ください

無料版をダウンロード

公式サイトの「無料ダウンロード」や「Windows版VideoPadを無料ダウンロード」をクリックするとソフトのダウンロードが始まります。

Microsoft Storeからもダウンロードできます

無料版は非営利目的にのみ利用できます。

「新規プロジェクト」をクリック。

編集したい動画をドラッグ&ドロップします。「ファイルを挿入」ボタンからでもOKです。

編集したい動画を下の段にドラッグします。

機能としては、たとえば、右上にある「動画エフェクト」で切り抜き・分割・拡大縮小・シャープ・ぼかしなどが可能。

「文字を挿入」で文字入れもできます。右下には良く使う「分割」ボタンもあり便利。

編集したら「動画をエクスポート」ボタンをクリック。

「動画ファイル」や「ロスレス動画」などを選択できます。

すると、「お使いのソフトはVideoPadの体験版です~ご購入ください」などと表示されますが、気にせず「後で購入する」ボタンをクリックします。

「ファイルの設定をエクスポート」画面が出てきます。

保存先やプリセットなどを選択したら「作成」ボタンをクリック。

プリセット。数値が大きい方が良いです。4Kも選択できます。

ファイルフォーマット。MP4やAVIが無難かと。

フレームレート。数値が大きい方が良いです。60fpsも可能。

エクスポート完了。

また、「動画をエクスポート→ロスレス動画を選択」すると、「お使いのソフトはVideoPadの体験版です~後で購入する」の後に、エクスポート先だけが表示されます。

この機能が画期的。

YouTubeへのアップロードが便利になりました。

「動画をエクスポート→YouTube→項目選択→作成」の後、YouTubeとの連携画面が出てきます。

連携を承認してエクスポートすると、そのままYouTubeにアップロードすることができます。

YouTubeが推奨するエンコードはこんな感じ。

  • 動画形式 MP4
  • 映像コーデック H.264
  • 音声コーデック AAC-LC
  • フレームレート 60まで
  • アスペクト比 16:9

後書き

音声エフェクトでは、ノイズ除去やフェードインアウトも可能。

全体的に文字が大きくて見やすいですし、以前より軽くなりましたし、YouTubeのアップロードが便利!Googleドライブも連携すればすぐにアップロードできます。

もっと早くに4K編集が可能になっていたら買っていました。

有料版は公式サイトAmazonMicrosoft Storeから購入できます。

今のところMicrosoft Store11,700円が最安。公式サイトには月額プランもあります。


タイトルとURLをコピーしました