【Wi-Fi】無線ルーターAtermをブリッジモードで接続してみた



現在の我が家のネット環境はこのようになっています。

  1. インターネット
  2. 1階 eo光回線終端装置
  3. 1階 eo光多機能ルーター→有線LAN
  4. 1階 NEC Aterm(親機BR)→有線LANとWi-Fi
  5. 2階 NEC Aterm(中継機CNV)→有線LAN
NEC Aterm WG1800HPイーサネットコンバータセット【レビュー】

ブリッジモードにする意味と理由

他社ルーターでも意味は同じです。

ブリッジモードに設定してルータータイプのブロードバンドモデムと接続することにより、Wi-Fiでつなげたり、中継機のLANポートにパソコンを有線でつなぐことができます。

片方のAtermはブリッジモード

【BR】

ルータ機能をオフにしてアクセスポイントとして利用。
プロバイダeo光の多機能ルーターとLANケーブルでつないでいます。

もう片方のAtermは中継機

【CNV】

ブリッジモードにした親機とは無線でつながっています。

設定方法

ルーター接続もブリッジ接続も設定方法はだいたい同じです。

片方を親機(ブリッジモード)として使います。
「ブリッジモード」にして電源を入れると、ACTIVEランプはオレンジに点灯します。

もう片方は中継機として使います。モードを「CNV」にしたら電源を入れます。

中継機の「らくらくスタートボタン」を長押し→POWERランプが緑点滅に変わったらボタンから手をはなす。

1分以内に親機の「らくらくスタートボタン」を長押し→POWERランプが緑点滅に変わったらボタンから手をはなします。

両方のPOWERランプが緑点滅からオレンジ点滅に変わったら、親機の「らくらくスタートボタン」を長押し。

両方のPOWERランプがオレンジ点灯に変わったら手をはなします。
両方のPOWERランプは緑点灯に変わり、中継機のCONVERTERランプはオレンジ点灯になります。

親機をルーター(RT)として使った場合は、親機のACTIVEランプは緑点灯、中継機のCONVERTERランプはオレンジ点灯になります。

ブリッジモード→有線の速度

ここに記載してありますが、約半分の速度に落ちました(以前よりは速いので快適)

尚、NEC Atermをルーターモード(RT)にして、プロバイダの多機能ルーターとLANケーブルで接続すると、ネット回線は「IPv4接続」となり超低速になりました。モード設定大切!

GMOとくとくBB(09-0916)s00000000018021

余談

ルーターとして使わない理由

以前は片方のAtermを「親機 ルーター(RT)」として使っていましたが、eo光多機能ルーターをレンタルしたので、Atermをルーターとして使う必要がなくなりました。

逆にいえば、ルーター機能がない「光回線終端装置(ONU)」などとつなぐ場合は、ルーター(RT)で接続した方が良いということになります。

中継機になっているか確認する方法

CONVERTERのランプを見ると確認できます。

  • 消灯→親機
  • オレンジ点灯→中継機
  • 緑点灯→子機

いまだに良く分からないこと

中継機のWi-Fiはキャッチできないので、スマホやノートパソコンはブリッジした親機のネットワーク(SSID)でつなげています。こんなものなのでしょうかね?いまだに不明です。