Windows 10でWindowsフォトビューアーを使う。Restore Windows Photo Viewer

Windows8.1からWindows10へ無償アップグレードしました

 

Windows 10では「Windowsフォトビューアー」は無くなり「フォト」が規定アプリとなります。Microsoft

画像を開くと動作がもっさり。重たい。

 

 

以前の「Windowsフォトビューアー」ならクリック1つで削除できたのに、「フォト」ではいちいち確認メッセージが出てきます。

「これを削除しますか?」

 

 

地味にいらいら

 

致命的なのが「次へ」のボタンがないこと。もちろん「戻る」もありません。いちいちファイルに戻って開く必要があります。

今までにはなかった画像編集ができるそうですが…そんなの要らない…「Windows 8に戻そうか」と本気で思いました。

 

無料のソフトを使う

 

無料ソフトをインストールすることにより、Windowsフォトビューアーが使えるようになります。

こちらからダウンロード↓

 

Restore Windows Photo Viewer to Windows 10
Restore Windows Photo Viewer to Windows 10

 

  1. Download Now (1.26 MB) をクリックしてしてダウンロード
  2. 「Restore Windows Photo Viewer」ファイルをクリックしてインストール

 

 

「Next」をクリック。

 

 

インストールする場所を指定。

 

 

「Install」をクリック。

 

 

「Finish」をクリック。

 

 

「Restore Windows Photo Viewer」をクリック。

 

 

「Success! the next screen, please Specify ‘Windows Photo Viewer’ in Default apps」でOKボタンをクリックして完了。

 

 

「Do you need PDF creation software to create PDF document?」というメッセージが出てきます。不要であれば「いいえ」をクリックします。

 

 

既定のアプリを変更

 

  • 画面左下のWindowsマークをクリック
  • 設定のマークをクリック

 

 

「アプリ」をクリック。

 

 

  1. 既定のアプリ
  2. フォトビューアー
  3. アプリを選ぶ
  4. 「Windowsフォトビューアー」をクリック

 

 

既定のアプリが「フォト」から「Windowsフォトビューアー」に変更されました。

 

 

感想

 

Windowsフォトビューアーを使っていた時には、良さに気が付きませんでした。

(別れた後に気が付くみたいな)

 

 

送りボタンもありますし、✖を押せばすぐに画像を削除でき、拡大もさくっと。

単純なことですが使い勝手は最高です。