Windows8.1からWindows10へ無償アップグレードしました

 

2020年6月現在では、Windows 7 またはWindows 8.1からアップグレードが可能です。

Windows7のサポートは終了しましたがアップグレードはまだできます

それなりに時間がかかりますので、1日空いている日に行うのが良いと思います。

また、不具合が発生する場合もありますので、念のためバックアップを取ってから行ってください。

  • 2017年4月11日 Windows Vista の延長サポートを終了
  • 2020年1月1 日 に Windows 7 の延長サポートを終了
  • Windows 8.1 は2023年1月10日に延長サポートを終了

➡ご存じですか? OS にはサポート期限があります! – Microsoft atLife

アップグレード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10」を開きます。

「ツールを今すぐダウンロード」→ダウンロードされた「MediaCreationTool」.exeファイルをクリックします。

 

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」→はいをクリック。

 

「準備ができるまで少しお待ちください」と表示されますので少し待ちます。

 

「適用される通知とライセンス条項」が表示されましたら、右下の「同意する」をクリックします。

 

少し待ちます。

 

「このPCを今すぐアップグレードする」にチェックして「次へ」をクリック。

 

「Windows 10をダウンロードしています」

 

「適用される通知とライセンス条項」が表示されたら、右下の「同意する」をクリック。

 

「更新プログラムをダウンロードしています」

 

「インストールに必要な作業を確認しています」

 

インストール準備完了。通常はこのまま(個人用ファイルとアプリを引き継ぐ)右下にある「インストール」をクリックします。

 

すると、自動的に数回に渡り再起動を繰り返します。この間、絶対に電源を落としたり強制終了しないようにします。

 

アップグレード完了!

 

おー

 

Windowsのバージョン確認方法

キーボードの Windowsキーを押しながら Rキーを押すと、ポップアップが出てきます。

名前の項目に「winver」と入力し、OKボタンをクリックします。

 

表示されました。

 

Windows 8.1に戻したい場合

アップグレードする前にWindows 8.1を使っていた場合にのみ適用されます。また、戻せるのはアップグレード後10日間ほどに限定されます

こちらからWindows 8.1をダウンロードします。

Windows 8.1 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

 

 

無償アップグレードが上手くいかない場合

Windows 10のソフトを使用すると上手くいく場合もあります。

 

参考になったクチコミ。

 

尚、Windows10のパソコンであっても、容量が足りずアップデートできない場合もあります。

容量不足で初期化もWindowsUpdateもできない場合の解決方法

 

Windows XPとVistaからアップグレード

Windows 10へアップグレードするには、Windows 8.1のシステム要件Windows10のシステム要件を満たしているか確認することが必要です。

基本的には、まずはWindows 8.1にアップグレードし、その後、Windows 10に無償アップグレードを行う形になります。

  1. システム要件を満たしているか確認
  2. Windows 8.1を購入してアップグレード
  3. Windows 10に無償アップグレード

 

システム要件を満たしていない場合は諦めるしかありません。特にVistaは難しいと思います。買い替えが無難かと思いますが、「Windows 10 Homeのソフトを購入し、vistaからバージョンアップというか、クリーンインストール」できた方もおられます。

私の机の下にも XP が転がっているのですが(eMachines)、Windows 8.1にアップグレードするにはお金もかかりますし、スペック的にも難しいので放置→2020年に処分しました。







パソコン
わたしらしく