プラグインWordfence Securityを完全削除する方法



Wordfence Security はプラグインを削除してもデータベースにデータが残るので削除しておくと良いです。

バックアップを取ってから削除します。

データベースの削除

phpMyAdminの開き方と構造の基礎(MySQL)
MySQLデータベースを整理【phpⅯyAdmin】

インストールしてすぐに「いまいち」と思ったのでだいぶ前に削除したのですが、しっかり残っていました。
その数「21個」。アリエナイ。

  1. wp_wfblockediplog
  2. wp_wfblocks7
  3. wp_wfconfig
  4. wp_wfcrawlers
  5. wp_wffilechanges
  6. wp_wffilemods
  7. wp_wfhits
  8. wp_wfhoover
  9. wp_wfissues
  10. wp_wfknownfilelist
  11. wp_wflivetraffichuman
  12. wp_wflocs
  13. wp_wflogins
  14. wp_wfls_2fa_secrets
  15. wp_wfls_settings
  16. wp_wfnotifications
  17. wp_wfpendingissues
  18. wp_wfreversecache
  19. wp_wfsnipcache
  20. wp_wfstatus
  21. wp_wftrafficrates

wp_optionsテーブル

  • wf_plugin_act_error
  • wordfence_case
  • wordfence_installed
  • wordfence_version
  • wordfenceActivated

wp_postmetaテーブル

たぶん無いと思うのですが、不明なモノもあったのであったかも。

wp_postmetaテーブルの残骸ゴミ整理

ファイルを削除

public_html/wp-content/wflogs/