GitHubでブログにソースコードを表示する&アカウント削除退会方法


github公式ページからアカウントを作成します。

メールが届きます。

タイトル:[GitHub] Please verify your email address.

本文中の「Verify email address」をクリックしてアドレスを有効化します。

 

プラン

特にこだわりがなければ「free」を選択して「Continue」をクリックします。

 

Gistページに入る

Discover gists · GitHub

右上の「+」→New gistをクリック

 

  1. ファイル名(無記入でも可)
  2. コードを記載
  3. 右下のボタンどちらかをクリック(create select gist(非公開gist)、create public gist(公開dist)

 

  • Embed(埋め込み)
  • コードをコピー、もしくはダウンロードをクリック
  • ※「Edit」で再度編集できます

 

コピーしたコードを記事内に貼りつけるとこんな感じになります。

  • ファイル名(gistfile1.txtの部分)をクリックでGistページへ
  • 右下の「view row」をクリックすると別ウィンドウでコードがテキスト表示

 

アカウント削除(退会)方法

ログインしたら、右上のアイコン→Settings

 

「Account」をクリック→1番下の「Delete account」をクリック。

 

  1. Your username or email:の欄は「ユーザーアカウント名もしくはメールアドレス」を入力
  2. To verify, type delete my account below:の欄は「delete my account」と入力
  3. 「Cancel plan and delete this account」をクリック

自動的にトップページに戻ります。

メール「タイトル:[GitHub] Account deletion」が届いて完了です。

 

後書き

プラグインも便利ですが(SyntaxHighlighter Evolved、Crayon Syntax Highlighterなど)、プラグインは不具合が生じると面倒なのであまり導入したくないというのが本音です。GitHubなら軽くて不具合なし。おすすめです。

追記:使わなくなりましたのでアカウントを削除したのですが、方法が分かりにくかったので記事を更新しました。







サイト運営
わたしらしく