プラグインDNUIで不要な画像を削除/FTPで削除【WordPress】

DNUI
Search image from the database and delete all unused images making space in your server and clean up the database from all them

画像をアップロードすると、自動的にサムネイルを作成されます。

たとえば、テーマSimplicityの場合は「original」の画像の他に8枚も自動生成されていました。

  • thumbnail 300×225
  • medium 600×450
  • medium_large 768×576
  • large 650×488
  • thumb100 100×100
  • thumb150 150×150
  • thumb320 320×180
  • thumb320_raw 320×240

 

このままだとサーバーを圧迫し、アップロードが大変ですので対策しました。

 

まずはバックアップ

バックアップを取る方法【Wordpress&エックスサーバー】

 

メディア設定を変更する

デフォルト設定では、1つの画像をアップロードする度に、自動的に「元の画像」「大サイズ」「中サイズ」「サムネイルのサイズ」の4つの画像がサーバーに保存されていくことになり、結果、サーバーの容量を圧迫していくことになります。

WordPressダッシュボード→設定→メディアを開きます。

 

サムネイルが3種類も必要ない人は「6つのサイズ欄を0にして→変更を保存をクリックすることにより」余計な画像が保存されないようにすると良いです。

 

fuctins.phpのコードを変更

使っているテーマによっては、サムネイルを自動的に保存してしまいます。

functions.phpから画像が自動生成されないように設定すると便利です。

WordPressダッシュボード→外観→テーマの編集→親テーマ→functions.php

 

例えば、Simplicityでは自動的に4つのサムネイルが生成されます。

  • 100×100
  • 150×150
  • 320×180
  • 320raw

 

先頭に // を付けてコメントアウト(コードの無効化)しました。

//サムネイルサイズ
//add_image_size('thumb100', 100, 100, true);
//add_image_size('thumb150', 150, 150, true);
//add_image_size('thumb320', 320, 180, true);
//add_image_size('thumb320_raw', 320, 0, false);

 

ファイルの更新をクリックして完了。

 

functions.phpをいじる時はバックアップを取ってから!慎重に!たった一文字間違えただけで真っ白になります。あまりにも知識がない方は止めておきましょう。コードを削除するのではなく、//でコードの無効化を行った方が安全です。

 

 

FTPでサーバーから削除

FTPソフトで直接サーバーにアクセスして削除します。

サーバーのルートディレクトリ

/home/サーバー名/ドメイン名/public_html/wp-content/uploads/

【FTPソフト】FileZilla(フィルジラ)のインストール&接続方法

 

FileZillaの場合は、上の方にある双眼鏡のマークをクリックします。

 

ファイル検索窓が表示されたら「100×100」といった数値を入力し「検索」をクリック。

ファイルがずらっと表示されますので、範囲選択→右クリック→削除。

 

ですが、サイズによってはページャーの画像が消えることがあります。

やっちまった…でも後日復活していました

 

プラグインDNUIで削除

DNUI
Search image from the database and delete all unused images making space in your server and clean up the database from all them
公式サイトにはこう記載されていますのでご注意ください→「このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります」

 

  1. WordPressダッシュボード
  2. プラグイン
  3. 新規追加
  4. 検索:DNUI Delete not used image
  5. 今すぐインストール
  6. 有効化

 

ツール→DNUI Delete not used imageをクリック。

 

タブ「Options(オプション)」から設定します。

 

Ignore size listで「original」は残すと良いです。

 

↓簡単に和訳するとこんな感じ。

  • Plugin version
    プラグインバージョン
  • Only admin user
    管理者だけが使える
  • Update in server (make changes to database)
    サーバーを更新
  • Backup system
    バックアップ
  • Page
    ページ数
  • Number of images show on 1 page
    「Images」で1ページに表示する画像の数
  • Pagination max size
    「Images」で何ページ分を表示するか
  • Debug Use this only if think the plugin is not workning fine
    プラグインが上手く動いていないときにチェックを入れる
  • Default options
    オプションを初期状態に戻す
  • Show used image
    使っている画像を表示
  • Show ignored sizes
    使っていない画像を表示
  • Ignore size list
    選択すると削除対象から外れる
  • Check in excerpt
    引用した時の画像を探す
  • Check in Post meta
    投稿した記事から画像を探す
  • Check in gallery
    ギャラリーから画像を探す
  • Check in shortcodes
    ショートコードから画像を探す
  • Check in draft
    下書き保存した記事から画像を探す

 

タブ「images」を開くと、画像がずらっと出てきます。

使用している画像には注意マークと「Used」が表示され、Deleteボタンは表示されません。

未使用の画像の場合は「Not used」と表示され、Deleteボタンが表示されます。

 

右上の「Delete all」をクリックすると全て削除されます。

手動で1枚づつ削除したい場合は「Delete」をクリックします。

最初は手動で試して、支障がないのを確認してから「Delete all」すると安心かと思います。







サイト運営
わたしらしく