プラグインDNUIで不要なサムネイルを削除【WordPress】

必ずバックアップをとってから始めます。

バックアップを取る方法【Wordpress&エックスサーバー】

尚、このプラグインは公式サイトにこう記載されていますので注意が必要です

このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります

  1. WordPressダッシュボード
  2. プラグイン
  3. 新規追加
  4. 検索:DNUI Delete not used image
  5. 今すぐインストール
  6. 有効化

ツール→DNUI Delete not used imageをクリック。

タブ「Options(オプション)」から設定します。

Ignore size listで「original」は残すと良いです。

↓簡単に和訳するとこんな感じ。

  • Plugin version
    プラグインバージョン
  • Only admin user
    管理者だけが使える
  • Update in server (make changes to database)
    サーバーを更新
  • Backup system
    バックアップ
  • Page
    ページ数
  • Number of images show on 1 page
    「Images」で1ページに表示する画像の数
  • Pagination max size
    「Images」で何ページ分を表示するか
  • Debug Use this only if think the plugin is not workning fine
    プラグインが上手く動いていないときにチェックを入れる
  • Default options
    オプションを初期状態に戻す
  • Show used image
    使っている画像を表示
  • Show ignored sizes
    使っていない画像を表示
  • Ignore size list
    選択すると削除対象から外れる
  • Check in excerpt
    引用した時の画像を探す
  • Check in Post meta
    投稿した記事から画像を探す
  • Check in gallery
    ギャラリーから画像を探す
  • Check in shortcodes
    ショートコードから画像を探す
  • Check in draft
    下書き保存した記事から画像を探す

タブ「images」を開くと、画像がずらっと出てきます。使用している画像には注意マークと「Used」が表示され「Deleteボタン」は表示されません。

未使用の画像の場合は「Not used」と表示され、「Deleteボタンが」表示されます。

右上の「Delete all」をクリックすると全て削除されます。手動で1枚づつ削除したい場合は「Delete」をクリックします。最初は手動で試して、支障がないのを確認してから「Delete all」すると安心かと思います。

◆Cocoon自動生成されるサムネイルを停止&削除しました

自動生成をしないよう設定

使っているテーマによっては、サムネイルを自動的に保存してしまいます。functions.phpから画像が自動生成されないように設定すると便利です。

※functions.phpの記述は注意が必要です。

◇一文字間違えただけで画面が真っ白【functions.phpエラー】

WordPressダッシュボード→外観→テーマの編集→親テーマ→functions.php

例えば、Simplicityでは自動的に4つのサムネイルが生成されますが、先頭に // を付けてコメントアウト(コードの無効化)しました。「ファイルの更新」をクリックして完了です。

//サムネイルサイズ
//add_image_size('thumb100', 100, 100, true);
//add_image_size('thumb150', 150, 150, true);
//add_image_size('thumb320', 320, 180, true);
//add_image_size('thumb320_raw', 320, 0, false);

タイトルとURLをコピーしました