WordPressのスラッグを修正しました

スラッグの前にパーマリンクのご説明。

パーマリンクはこんな風に設定しています。

WordPressの管理画面➡設定➡パーマリンク設定➡投稿名

 

たとえば、タイトルを「WordPressのスラッグを修正しました」にすると、パーマリンクにそのまま表示されてしまいますので、「編集」ボタンをクリックしてローマ字に直しています。

 

パーマリンクを「wordpress-slug」に直して「OK」ボタンをクリックすると、https://zbnr-hp.com/wordpress-slug/がURLになります。

 

こんな風に、URLは英単語(ローマ字)で投稿していたので問題ないのですが、スラッグのことはすっかり忘れていました。

スラッグとは記事を分別する要素になります。カテゴリがそれに該当します。

 

親カテゴリは最初に英単語にしたけど、小カテゴリを英単語にするのを忘れた

 

忘れたおかげで、カテゴリを表示させるとこんな風に表示。

 

貼り付ける場所によっては、まるで文字化けしたかのような感じの長文に。

https://zbnr-hp.com/category/travel/%e9%83%bd%e9%81%93%e5%ba%9c%e7%9c%8c%e5%88%a5/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93-%e9%83%bd%e9%81%93%e5%ba%9c%e7%9c%8c%e5%88%a5/

 

「これだと見た目もダサいし、SEO的にもまずいかな」と思い修正することにしました。

シンプルな URL 構造を維持する - Search Console ヘルプ

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

 

パーマリンクやスラッグはURLが変わってしまう場合がありますので、本来は後から変更しない方が良いです。URLが変わると「新しいURL」として認識されるため、検索順位が下がります。これを防ぐにはリダイレクトを行うしかありません。

 

スポンサーリンク

不要なカテゴリを削除

 

私の場合は「都道府県別」カテゴリは不要かと思い、削除しました。

 

カテゴリを削除すると、当然ながらエラーになります。

記事URLにカテゴリが含まれている場合は特に、スラッグの変更は慎重に行うべきです。

 

スラッグを変更する

 

WordPressの管理画面➡設定➡カテゴリ➡クイック編集

 

編集でも大丈夫ですが「クイック編集」の方が簡単です。

名前の欄は表示させたい文字列、スラッグは英単語(ローマ字)で入力します。

 

カテゴリ「travel/都道府県別/北海道-都道府県別/」が「travel/hokkaido/」になりました。

 

スラッグ名の付け方

 

  • 漢字、ひらがな、カタカナは×
  • 英単語、もしくはローマ字にする
  • シンプルで短くする
  • アンダーバー「_」ではなくハイフン「-」を使う

 

スラッグ名の付け方は、SimilarWebで表示されているカテゴリ名も参考になります。

【SimilarWeb】が面白い

もしかすると、このひと手間で検索ランクが上がるかも?

タイトルとURLをコピーしました