サイトをWordPressからHTMLに作り直す方法

エックスサーバーで作成したWordPressを初期化してHTMLサイトに作り直しました。

HTMLでホームページを作成する場合は、ページ数が少ないサイトやあまり更新をしないサイトに最適です。それ以外のサイトの場合はWordPressの方が楽かと。

現在はこのドメインは削除してサブドメイン&HTMLにて「カレンダー置き場と作り方」として運営しています

まずはバックアップ

バックアップを取る方法【WordPress&エックスサーバー】

ドメインの初期化

エックスサーバーの場合は「サーバーパネル→ドメイン設定」から設定を行います(他社サーバーでもドメインの初期化は簡単かと)。

初期化するドメインの「初期化」ボタンをクリック。

対象ドメインを今一度確認したら「ドメイン設定の初期化」を選択し「確認画面へ進む」をクリック。

初期化すると「サブドメイン設定」「SNSレコード設定」「SSL設定」以外は全て消えてしまいます。確認したら「実行する」をクリック。

初期化完了!

「このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません」と表示されました。

「public_html」の中身はこれだけになりました。

サーバーにアップロード

サーバー内にある「public_html」に、FTPなどで作成したファイルをドラッグアンドドロップでアップロードします。

【FTPソフト】FileZillaのインストール&接続方法

「index.html」を上書きします。

上手くいきました。あらかじめSSL設定をしておいたのでhttps化もスムーズでした。

URLを統一する

このままだと「https://ドメイン/」と「https:/ドメイン/index.html」の2つのURLが存在することになり「重複コンテンツ」となりますので、「.htaccess」ファイルでリダイレクト設定して「https://ドメイン/」に統一します。

# Redirect html
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://ドメイン/$1 [R=301,L]

ついでに、「http://ドメイン/」にアクセスがあった時に「https://ドメイン/」へ転送するよう設定しておくと良いです。

# Redirect ssl
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

「https://ドメイン/index.html」にアクセスして「https://ドメイン/」に転送されていたら設定完了です。

タイトルとURLをコピーしました