WordPress日本語対応&無料テーマの表示スピードを検証してみました

「スピードよりコンテンツが大切」とは良く言いますが、それはあくまでも建前。何かというとGoogle先生が「遅い対策しろ」と言うので対策するしかありません。でも有料テーマは高い!本当に早いか分からない!ので無料テーマを検証してみました。

まずは、まっさらな状態でスピードテスト。もちろん初期のスコアは100!

kaoleft
それと、私はサムネイルが嫌いなので分かる限り検証しています

ルクセリタス

公式サイト

使いたい機能は全て揃っており、AMPもクラシックエディターも吹き出しも簡単に設定できます。

デフォルト画面。

スピードテストは100!

すごい!すごい!

生成サムネイル

サムネイルは75、100、320、530、565、710、725pxが自動生成。「多いなあ」と思いましたが「管理機能→サムネイル管理」で不要なサイズのチェックを外したら生成されなくなりました。これは助かる。

唯一の難点はフッター

別サイト「旅行と食べ歩き」で使わせてもらっているのですが、フッターのこの文章はお金を出すか、頭をフル回転しないと消せません。

 

Cocoon

当サイトで使わせてもらっています。使いたい機能は全て揃っており、AMPもクラシックエディターも吹き出しも簡単に設定できます。

公式サイト

インストール後の画面。

スピードテストは85

えー。

Cocoonのサイト高速化を全て実行。

スピードは95に上がりました。

サムネイル

どうやっても残るサムネイルがあるので手動で削除しています。とても面倒ですが使いやすい面が多いので使っています。

◇Cocoon自動生成されるサムネイルを停止&削除しました

LION BLOG

インストールには会員登録が必要。

カスタマイズは「外観→カスタマイズ」のみ。1回使ったことがありますがシンプルで設定しやすかったです。

AMP設定可能。フッターがごちゃごちゃしていますが削除できます。クラシックエディタの設定は恐らくない模様(プラグインを使うしかない)。文字の大きさの設定がないのと、アイキャッチを「投稿・アーカイブページに表示させる/しない」のどちらかしか設定できないのは不便。

スピードテストは93

生成サムネイル

890pxが生成されました。用途や生成解除の設定は不明。

 

LION MEDIA

インストールには会員登録が必要。

カスタマイズは「外観→カスタマイズ」のみ。シンプルで設定しやすい。内容はLION BLOGと同じ。

スピードテストは93

サムネイル

730pxが生成されました。用途や生成解除の設定は不明。

 

Simplicity

開発者はCocoonと同じわいひら様。1番最初に使わせていただきました。

公式サイト

設定画面は「外観→テーマ」のズラッと縦に並んでいます。使いたい機能は全て揃っており、AMPもクラシックエディターも簡単に設定できます。

スピードテストは84

公式サイトの「コピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法」に記載のコードを「.htaccessファイル」に追記することにより早くなるようですが、今更試す気力はないので割愛。尚、テーマを変更する時はコードの削除をお忘れなく。

生成サムネイル

320×2、150、100pxの4種類。

 

STINGER PLUS+2

有料テーマ「STINGER PRO」のお試し版。

「STINGER8よりも管理画面で出来ることが多く」と書かれてあった通り、「STINGER+2管理」からアドセンスのコードやSNS設定も可能ですので初心者の方でも一通り使えるかと。AMPや吹き出しなどは有料PRO版のみ対応となっています。

サイトスピード

ソースもシンプルで良さそうですがサイトのスピードは91。尚「現在、無料テーマは現バージョンの動作チェック等は行っておりません」とのこと。

生成サムネイル

400、300、150、100pxのサイズが自動生成されました。

 

STINGER 8

噂通り本当に骨組みだけ。尚、「現在、無料テーマは現バージョンの動作チェック等は行っておりません」とのこと。

タイトル名やヘッダー画像、背景色、ウィジェットなどは「外観→テーマ」から設定できます。そのままでも記事を書けないことはありませんが、何か変化を付けたい場合は全てプラグイン・HTML・CSSなどを駆使して仕上げることになります。当サイトでは最初から便利な「Simplicity」を使ったせいか「STINGER 8」は超面倒としか思えず…。

サイトスピードは96

シンプルなので早いです。

生成サムネイル

100pxと150px。

◆WordPressオンライン講座(初心者向けスクール)受講申し込みはこちら

 

Xeory Base

開発者はあの有名なバズ部。インストールには会員登録が必要。子テーマが必要な場合は自分で設置する必要があります。

ダッシュボードには使い方マニュアルや初期設定の他、CTAやLPが追加されていました。

「初期設定」ではロゴ、アドセンス、SNSの設定が可能。

「外観→カスタマイズ」でヘッダー画像や背景色など変更可能。

サイトスピードは78

バズ部が開発したテーマということでめっちゃ期待していたのですがスピードは78。AMPなどの機能はないのでプラグインを追加したら更に遅くなりそう。というか、公式サイトが重すぎて開きたくない。

生成サムネイル

285、282pxの微妙なサイズが自動生成されていました。

 

Xeory Extension

機能はXeory Baseとほぼ同じ。しかしデザインが…トップページに大きな画像を貼りたい人向き?

サイトスピードは71

こんなことを言えた義理はないことは分かっていますが、おっそいわあ。

生成サムネイル

1024×768サイズをアップロードしたらサムネイルがいっぱい自動生成されました。768pxはWordPressの設定で削除できるから良いですが、他のサムネイルが不要な場合は全部自分でCSS書いたり手作業で削除するんですよね?。「使い方マニュアル」も開くの遅いし考えただけでもうんざり。

 

マテリアル

公式サイト

ぱっと見かわいいので使いたくなります。ですが不安要素として2017年から更新していません。AMPにも対応していないのでプラグインを使う必要があります。文字の大きさ設定などもなく基本的な機能があるようで無い感じ。

サイトスピードは95

生成サムネイルはなし

 

マテリアル2

マテリアルの後継版になります。こちらは2020年に更新履歴があります。

公式サイト

違いは良く分かりませんでした。「プラグインaddQuicktagにマテリアル2に備わっている記事装飾タグを全て網羅しています」とのこと。

サイトスピードは95でしたが…

「ダッシュボードが重い」と思ったので、なんとなくアイキャッチを入れて更新したら76に下がっていました。デザインはとても良いのですが現時点では使わないかな…

 

後書き

ルクセリタスとCocoonが素晴らしすぎ。最初はどちらかを使っておけばOKかと。LIONも良いと思います。

ちなみに、有料テーマだとザ・トールとSANGOが早いと評判。あの有名な賢威は遅いと聞いています。有料テーマに関する様々なレビュー記事がありますが、本当のことが書かれてあるか分からないので(良いことしか書かないサイトはアフィリ目当て)とりあえず無料でお試しさせてくれないかな…と思う今日この頃。

◇集客できるWordPressテーマなら「New Standard」まずは無料体験







サイト運営
わたしらしく