【レビュー】WUBEN懐中電灯LT35と防災笛を買いました

大阪北部地震の際に、家にある懐中電灯をチェックしたら電池が入っていませんでした。いくらなんでも暗闇で見えないのは不便ですし、持っている懐中電灯はプラスチックの安っぽい「落としたら割れそう」な感じの物でしたので、買い換えることにしました。

WUBENの懐中電灯

購入にあたり外せないポイントは以下の4点。

  • 完全防水
  • 頑丈
  • コンパクト
  • ストラップ付き、または付けられる

高輝度1200ルーメン。外観はアルミニウム合金。長さは15cm。電池を含んだ重さが載っていなかったので自分で量ってみたら178gでした。この適度な重量が持ちやすさの秘訣。

ちなみに、こちらのタイプは自転車にも取り付けできます。

持ち手の方に「スイッチ」「USB充電口」「充電表示」ボタンがあります。

USBで充電します。充電表示のライトが赤から緑点灯に代わると充電完了。

  • 充電時間4時間
  • 最大連続使用時間218.8時間

この部分を持ってヘッド部分を回すことにより、ワイドビームとスポットビームの使い分けが可能。

この部分は「攻撃ヘッド」。護身や車内に閉じ込められた時などに使うようです。

製品保証カード付き。「取扱説明書に従った正常な使用状態で5年の保証期間内に故障した場合には、無料修理致します」とのこと。製造元は中国の深センのため中国語まじり。

「この丸いのは何だろう」と思ったら防水リングのスペアでした。

夜に明かりを消して点けてみたら充分に明るかったです。形もスタイリッシュでかっこいい。もう1つ欲しい。棚に置いておくと地震で揺れたら行方不明になりそうなので、壁にかけておこうと思います。

ついでに防災用の笛

Amazonで買いました。

金属製で首からかけられるストラップが付いています。色はシルバーにしました。表面はつや消し。音は学校の運動会などで使う笛と同じ音。

口に加えて軽く吹くだけで高くて大きい音を出せます。

どんな時に使うかというと、地震で建物が崩れて生き埋めになった時でしょうか。登山で遭難した時に助けを求めるとか。夜道で襲われそうになった時とか。なんて、生死に関わるシチュエーションばかり。使わないことを祈ります。


タイトルとURLをコピーしました