エックスサーバーの二段階認証とSMS認証でセキュリティ強化

当サイトではエックスサーバーを使っています。

2019年12月にようやく導入された二段階認証を設定してみました。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバー【エックスサーバー】稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る高品質レンタルサーバーです。月額900円(税抜)から利用可能。まずは無料お試し10日間。

アカウント二段階認証

エックスサーバー→アカウントログイン→登録情報の1番下にある二段階認証の「設定変更」ボタンをクリックします。

「利用する」にチェックを入れて「設定の変更」をクリック。

スマホに認証コード生成アプリをインストールします。

アプリはGoogle Authenticatorが無難かと。アプリに関してはこちらもご参照ください。

➡プラグインGoogle Authenticatorでセキュリティを強化【WordPress2段階認証】

次に、エックスサーバーのQRコードを読み取ります。

設定画面の下の方にある「QRコードを表示」ボタンをクリックすると、QRコードが表示されますので、認証アプリのカメラ機能で読み取ります(読み取れない場合はシークレットキーを手入力)。

すると、認証アプリに6桁の認証コードが表示されます。このコードはワンタイムパスワードですのでその都度変わります。

認証アプリに表示された認証コードを入力し「認証」をクリックします。

表示されたバックアップコードは必ず控えておきます。これで設定は完了です。

設定した後は、エックスサーバーにログインする度に認証アプリに表示された6桁のコードを入力します。スマホを紛失した時など、認証アプリが開けない場合は「認証アプリが使用できない場合はこちら」をクリックします。

バックアップコードを入力するとログインできるようになります。

サーバーパネル二段階認証

こちらも同様に設定します。

「利用する」にチェックを入れて「設定の変更」をクリックします。後の手順はアカウントの二段階認証と同じです。

SMS認証

アプリをダウンロードできない場合や固定電話のみの場合は、SMS認証が有効です。

エックスサーバーアカウントログイン→登録情報→SMS認証を開きます。

電話番号を入力し、1番下にある「認証を行う」をクリックすると5桁の認証コードが送られてきます。そのコードを入力すると設定することができます。固定電話の場合は「自動音声通話で取得」のみになります。

エックスサーバーには他にもセキュリティ機能が備わっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

エックスサーバーのセキュリティ設定まとめ【WordPress】

タイトルとURLをコピーしました