【動画パクり防止】YouTubeブランディング設定方法&ロゴの作り方。チャンネル登録

YouTubeのブランディングとは?

設定すると動画の右下にロゴが表示され、既存の動画にも反映されます。

ロゴをクリックすると、チャンネル登録の画面が出てきて、読者に登録を促すことができます。

これを「YouTubeのブランディング」と言います。

 

 

透かしの規定

  • 1MB以下
  • 正方形
  • 150×150ピクセル以上
背景が塗りつぶされたものではなく透明な背景の画像を選択し、画像内の色は 1 色のみにすることをおすすめします。
➡画像・ロゴの透かしを動画に追加する – YouTube ヘルプ

 

透かしロゴの作り方

長くなりましたので分けました↓

MarkMakerとGINPでYouTubeブランディング用の透かし画像を作成

 

設定方法

YouTube→右上のアイコンをクリック→「YouTube Studio」をクリックして開きます。

 

「設定」をクリック。

 

チャンネル→ブランディングへと進み、「画像を選択」をクリックし、作成したロゴをアップロードします。

 

動画の透かしの表示タイミングを選択したら(動画の最後、開始位置を設定、動画全体)、「保存」をクリックして完了です。

 

完成

アイコンをクリックすると「チャンネル登録」の画面が表示されます。

 

 

ロゴが反映されない

スマートフォン、タブレットではブラウザで見た場合は表示されません。
YouTubeアプリで見た場合のみ表示されます。

通常であればすぐに反映されます。

私が設定した時は、Cookieやキャッシュを削除してもブラウザを変更してもなかなか表示されず、約1か月後に反映されたようです。

YouTube側のトラブルもあるようですので、表示されない場合は「YouTube Studio」→「フィードバックを送信」から問い合わせてみましょう。

 

目的は盗用防止

以前に、当サイトの画像を盗用されたことがありますので(画像の盗用を防ぐ方法・対策)「動画にも透かしを入れないと」と思いました。

動画パクリに関する参考サイト↓