【ウィルスセキュリティZERO】再インストール方法

Windows10 には標準でセキュリティ機能「Windows Defender」が搭載されています。「Windows Defenderがあれば十分」という人もいますし、「Windows Defenderだけでは心もとない」と専用ソフトを使う人もいます。

私はソフト派なので、最初はウィルスバスター、7年前からはUSBメモリ版のウィルスセキュリティZEROを使っています。3台用で3,000円くらいでした。

公式サイト

うたい文句の通り「更新料0円」でずっと使わせてもらっています(※ただし、XPからWindowsに変えた時に2,000円くらいかかりました)。

対応OS Windows / Mac / iOS (iPhone/iPad) / Android

パソコンを買い替えたりリカバリーした時、ついUSBを刺してインストールしてしまうのですが、とてもややこしい思いをしたので覚え書きとして記録しておきます。尚、ダウンロード版はもちろんのこと、CD版も更新方法は同じです。

ダウンロード

ダウンロードページ

シリアル番号を入力して「次に進む」をクリックします。

「ファイルダウンロード」をクリック。

インストローラーがダウンロードされました。ダブルクリックして開きます。

古いウィルスセキュリティを削除

パソコン買い替えの時はこの作業は飛ばしても良いかも

「削除ツール」をクリックします。

「管理者として実行」をクリック。

「ウィルスセキュリティを削除する」→「はい」をクリック。

古いファイルがある場合は、ここで「削除を実行しますか?」のポップアップウィンドウが表示されます。その場合は「はい」をクリックして再起動を行います。

古いファイルがない場合は、このまま「OK」をクリックして設定完了です。

インストール

「Setup」をダブルクリックして開きます。

「次へ」をクリック。

ログイン画面が表示されたら、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

シリアル番号を入力し「エントリー」をクリック。

エントリー完了!「次へ」をクリック。

これで再インストールが完了しました。

機能のスクショ

機能まで書き出すと長くなるのでスクショだけ貼っておきます。詳しくは公式サイトで。

軽くて安くて使いやすいです。変なソフトを入れようとするとちゃんと警告が出て中止してくれます。スマホでも使えますので 1台用より3台用がおすすめです。

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました