国宝 瑞巌寺に行ってきました。宮城県松島

臨済宗妙心寺派 瑞巌寺。元々は天台宗になります。

国宝 瑞巌寺
松島にある国宝、瑞巌寺の紹介

総門

扁額には「桑海禅林」と書かれてあります。「当山105世天嶺性空の筆」だそう。

元禄二年五月九日~芭蕉は~瑞巌寺に参詣した。

 

美しい杉並木

要マスク。

 

鉄道殉職者 弔魂碑

昔は工事現場で亡くなる人が多かったのか、仙台鉄道管理局が殉職者のために建立されました。鉄道の車輪が左右に置かれてありました。

 

鰻塚(うなぎづか)

大正12年9月、松島湾で捕れた鰻の供養として地元民の寄付金で鰻塚が建立された」とのこと。

 

松尾芭蕉の碑など

(※良く分からない/読めない)

 

瑞巌寺洞窟群(洞窟遺跡群)

私的に最も興味深い場所でした。

元来、納骨や供養の為の施設で、造営は鎌倉時代に遡り、江戸時代まで続いた。松島は古来「奥州の高野」と呼ばれ、浄土往来を祈念する神聖な霊場であった。

 

洞窟内には戒名らしきものが多数刻まれていました。

 

なんかすごい。

たくさん穴が掘られていますが東北の地震でも倒壊せず。地盤が強いのかも。

 

受付の横に延命地蔵尊

 

燈篭

 

ここからは有料

大人700円。中学生/小学生400円。8:00~16:00頃まで。

 

忠魂碑。

 

立派な杉。

 

御成門

天皇・皇族・藩主専用の門。玄関。

 

中門

 

登竜門と石斛(せっこく)

日本蘭が植えられているようですが、どれがどれだか。

 

庫裡(くり)

禅宗寺院の台所。靴を脱いで上がることができます。本堂も見れます。撮影は✖。

 

本堂

ふすまや欄間、お庭も手入れが行き届いていました。

大きさ正面38m、奥行き24m。入母屋造りの本瓦敷で10の部屋がある。

 

青龍殿(宝物庫)

伊達家関連の絵画・茶器、臨済禅文化が創出した墨跡、寄進された絵画・書、松島に関する資料等を中心に展示

 

慶長14年に造られた鬼瓦。大きい。現在の鬼瓦は複製されたもの。

 

彫刻 登龍。チェーンソー彫刻世界一の城所ケイジさん作。

 

後書き

伊達政宗の菩提寺。意外と見ごたえがありました。

鰻塚あたりは無料で見ることができますし、松島観光のついでに寄ると良いかもです。